羊と鋼の森 (文春文庫) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
3.97
  • (28)
  • (40)
  • (19)
  • (6)
  • (0)
本棚登録 : 358
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (224ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • セールだったときに購入しておいた。
    例によってピアノという僕の中にはないジャンルの話だったのでなかなか手をつけられないでいたのだが蜜蜂と遠雷を読み終わったタイミングでコレは今しかないだろうと続けて読みはじめた。
    よいねえ。
    コレはよい。
    出てくる人たちがみんなよい。
    なんとも優しい世界だねえ。
    それぞれのキャラは立っているが、かといってそこまで主張してこない。
    なんというかあまり読者側に踏み込んでこないというか、遠慮がちに立っているようなこの感じ。
    いいねえ。
    なんともいえない心地よさのある作品であった。
    ひなたぼっこをしているようなそんな読後感のある作品。
    あたたかい。

  •  高校の体育館のピアノの調律に偶然立ち会った少年がその音に感動し、調律師になる。いくつもの失敗を重ねながらも、様々な顧客や先輩との交流を通じて成長していく。

     タイトルの由来はピアノが木材と鋼線と羊毛でできていることから。調律という仕事があるのは知っていたが、メーカーとは別の専門業者がいることは知らなかった。最終的に脚光を浴びるのはピアニストであって調律師ではないので、調律師を主役にした小説は珍しいのではないだろうか。

     調子が狂ったピアノを最初と同じ状態に戻すのではなく、ピアニストが望む質の音が出るようにセッティングする。そのためには、ピアノを扱う職人としての腕前の他に、ピアニストが望んでいる音がどんなものか、その言葉から読み取るコミュニケーション能力も求められる。

     主人公はピアノを弾いた経験はなく、音楽に関する素養も少ないため、ピアニストの要望を理解するのも簡単ではない。そういうことに悩みながらも、その悩みにまっすぐ向き合って誠実に努力を重ねていく。あまりにも良い人すぎてむずむずするくらいだが、飛び立とうともがく小鳥を見るような気持ちになっていく。

     宮下奈都の小説を読んだのはこれが初めてだが、文体がとても優しく、読んでいて心地よくなった。

  • ピアノの調律師さんのお話。
    世界には音楽が満ち溢れていて、その音楽を紡ぎ出すのが楽器(ピアノ等)と演奏者、間を取り持つのが調律師という関係性がうまく描かれていた。

  • 感性、感覚、そういった“感じる”ものを言葉にして表す。それがどれだけ難しいことかと思う。この作品は、その難儀に向き合い続けて生まれたのだろう。正直、わたしには人生を変えるほどのピアノとの出会い、がわからない。ピアノの音色、どれだけの違いがあるか、わからない。だから想像できない、浮かばない。でも、さらりとゆるりと綺麗な言葉で表現する。表す。共感はできないけれど、そんな世界もあるのだと垣間見せてもらう感じだった。

  • 調律師をテーマにしたお仕事小説とも読めるが、単に調律師の「仕事」にフォーカスを当てるというよりは、ピアノを弾く者、調律する者、聴く者全ての視点が絡みあって、ものすごく豊かな音を奏でている。
    主人公の自分への自信のなさを自己に投影しつつも、その確固たる音への憧れ、職業への決意に魅了された。主人公の周囲の人物もそれぞれ魅力的なキャラクターで主人公を見守る。
    浮き沈みがものすごく大きいわけでもなく、振り切ったサクセスストーリーでもないけれど、読んでいてその情熱と音に影響される気がした。

  • 再読。kindle。音楽ではなく、ピアノの音色だけが聞こえてくるような、静謐な物語。追究することの美しさが描かれて、しばしば涙ぐむ。何回でも読みたくなる。

  • 読後にやさしい気持ちになれる。
    双子の高校生、和音と由仁が自らの名前が象徴するようなそれぞれの道を見つけて踏み出すことによって、外村も調律師としての一歩を踏み出すことができた。
    「ピアノを始めることにしました」と言う和音の決意がなんとも清々しい。
    読んでいる間、頭の中に優しく静謐なピアノの音が流れ続けていた。
    実家の古いピアノの調律を頼んで、久しぶりに弾いてみたい気持ちになった。

  • 久々に好ましい、ストーリー・登場人物・文章の小説だった。大好きな小説が1冊増えた。 外村君の感受性がとても好き。作者の感性が好き。というのが、私の好ましいと思った点だ。外村君の、調律という仕事への向き合い方が好きだ。

  • 「綺麗な話」なのだと思いますが、なんというか…ずっと足踏みしているみたいな話でした。
    ことあるごとに、主人公が同じ心情を違う言葉で表現しているような感じに思えました。
    大きな展開があるわけでもないので、面白いという感覚はありません。
    個人的に回りくどい表現が好きではないので、作者の書き方と合いませんでした。

  • 高校生だった外村は、学校の体育館に置いてあるピアノの調律に来た調律師の仕事を見て、これが自分がやってみたいものだと直感した。そして本州の調律の専門学校に通い、郷里の楽器店に就職した。そこは高校のピアノの調律に来た人が勤めている店だった。さまざまなピアノ、お客様、同僚先輩の調律師の中で外村が成長する姿を描く。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

宮下 奈都(みやした なつ)
1967年福井県生まれ。上智大学卒業。2004年、「静かな雨」で文學界新人賞に入選し、デビュー。日常に起こる感情の揺れを繊細で瑞々しい筆致で描きだす作品で知られる。『スコーレNO.4』が書店員から熱烈な支持を集め、注目を浴びる。
代表作に、2016年本屋大賞、ブランチブックアワード2015大賞、「キノベス!2016」などを受賞した『羊と鋼の森』があり、2018年6月に映画公開される。ほか、福井からトムラウシに移り住んでいた頃の日々を描いた『神さまたちの遊ぶ庭』や、福井での身辺雑記や本屋大賞受賞前後のエピソードなどを描いた『緑の庭で寝ころんで』がある。

羊と鋼の森 (文春文庫)のその他の作品

羊と鋼の森 Audible版 羊と鋼の森 宮下奈都
羊と鋼の森 単行本 羊と鋼の森 宮下奈都
羊と鋼の森 (文春文庫) 文庫 羊と鋼の森 (文春文庫) 宮下奈都

宮下奈都の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
三浦 しをん
村田 沙耶香
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

羊と鋼の森 (文春文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする