ゲームの王国(下) (早川書房) [Kindle]

著者 :
  • 早川書房
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (334ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上巻のポル・ポト政権時代から一気に時代が飛んで下巻では近未来が舞台になる。舞台が未来といっても、そこまで現在の世界からテクノロジーが進んでいるという程でもなく、SF的ガジェットとして出てくる「チャンドゥク」も現在のVRゲームの延長線上にありそうなものに感じる。ムイタックとソリヤそれぞれの子供たちも登場し、それぞれの道を進むムイタックとソリヤが描かれる。ソリヤは不正のないカンボジアと作って「ゲームの王国」を達成しようとし、ムイタックは身内を殺された復讐のためにチャンドゥクを開発する。最終的に二人は子供の頃にやったゲームの続きがやりたかったんだ、という幕引きなんだろうけど、そのために二人はとてつもない遠回りをして、多くのものを失ってしまっている。そういう意味では、「いつまでも無邪気な子供のままではいられない」ということなんだろうか。

  • 子供の頃遊んだ人たちはどうしてるだろうか。あのころゲームで遊んだ楽しさは今も輝いている。

全2件中 1 - 2件を表示

ゲームの王国(下) (早川書房)のその他の作品

ゲームの王国 下 単行本 ゲームの王国 下 小川哲

小川哲の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ゲームの王国(下) (早川書房)を本棚に登録しているひと

ツイートする