感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ①七つの大罪 鈴木央
    もしかすると、私だけかも知れないが、アーサーはきっと、生き返ると思う。いや、だって、もったいないでしょ、彼がこのまま退場ってのは
    アーサーが死んだ事っつーより、約束を破られた事へのショックと怒りで狂気を剥き出しにするキャスの正体も気になるが、ナナシの動向も気になる。彼も結構、謎だよな
    エリザベスらが動く、それは、魔神族も戦いに向けて動き出すってこと。チャンドラーの真の姿も恐ろしいが、キューザックのそれも不気味だ
    ②生徒会役員共 氏家ト全
    小さい車も苦手だが、あんまり広すぎる車も落ち着かないだろうな。こう、靴で乗っちゃいけない気がして、そわそわしちゃいそう
    いつから、それがレモンティーだと錯覚していた?
    ③川柳少女 五十嵐正邦
    プロの小説家たるもの、身近な人間をモデルにして、面白い作品を生み出せなければな。ただ、ぶっちゃけ、エイジや七々子みたいに、個性が強い人、近場にいないんだよなぁ
    辛辣なコメントを出来る編集さんがいたら、心強そうだ
    ④マコさんは死んでも自立しない 千田大輔
    男たるもの、占いくらいで右往左往してはいけない
    ⑤金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿 船津紳平
    約束を守る、それは大事だ。気分が良いっつーよりは、ホッとしている

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

出身:茨城県、血液型:A型、デビュー:覚えてません(笑)、受賞歴:第61回マガジン新人漫画賞『スリーアウトチェンジ』、コミックス:『Howling』全2巻・『あひるの空』1~39巻(以下続刊)。

「2014年 『あひるの空 EARLY LAST DAYS(39)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

日向武史の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

週刊少年マガジン 2018年 14号[2018年3月7日発売] [雑誌]を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする