ブルーピリオド(2) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.31
  • (28)
  • (23)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 360
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ブルーピリオド2巻。

    なんの目的もなく楽しく過ごしていた高校生が、美術にのめり込み、藝大を目指して予備校に通い始める話。

    正解・不正解で点数が付けられるわけでもない「美術」の評価。なんのために描くのか、何を持って点数になるのか、点数を取るために描くのか……、教師や予備校に通う同級生や高校美術部の先輩などの言葉や助言から少しずついろいろなことを知ってゆく主人公くん。この先が楽しみ。

  • 絵ってこんなに奥が深いんかい。知らんかったの連続で面白い。

  • 東京藝大。公園でマーケットしてたのに通りかかってから気になってた。あの、ほわんとしたお兄さんも合格を勝ち取った人だったんだ。
    予備校に通うようになり、個性的な仲間もできてこれから楽しみだ。

  • 相変わらずの青春感がいい感じ!
    矢口の周りの人たち良い人ばっかりだなぁ〜
    受験まであとちょっとしかないからなかなかのスピード感で進んでる。主に矢口の成長が。
    世田介との距離感が気になるかな!
    お互いに、意識してるよね?

  • お母さんを説得する時に絵を書くくだり、観察してどんなことを思って何をしているのかを気づくことができ言葉にして伝えた八虎の素直さに共鳴しました
    自分の好きなこと、を探してみようと思いました

  • どのキャラクターもそれぞれ壁があって、ぶつかったり逃げたりしながら生きてるんだなぁ。
    そんな中、主人公は第一の関門親の説得をひとまずクリアし、次の課題へ!
    既巻の表紙で先生のお顔だけ知ってたけど、性格悪い敵キャラかと思ってた…めっちゃいい人でしたすみません。

  • 《「僕ねえ 芸術って“食べれへん食べ物”やと思うねん」》

  • 「スポ根受験物語」と紹介されていたけれど、芸事って割とみんなこんな感じだと思う。日々の鍛錬の積み重ねだから。

    『絵ってさ言葉だと伝わらないものが伝わるんだよ
    「見る」以上に「知れて」
    「描く」以上に「わかる」んだよ』

    しかし、八虎は先生に恵まれていると思った。美術部の佐伯先生といい、予備校の大葉先生といい。素晴らしいです。

  • めちゃよい!

  • 俺の絵で全員殺す。
    そのくらい強く思えることが重要。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

山口つばさ(やまぐち つばさ)
東京都出身。東京藝術大学卒業後、アフタヌーン四季賞2014年夏で佳作受賞。2016年、新海誠監督の作品『彼女と彼女の猫』コミカライズでデビュー。2017年6月から『月刊アフタヌーン』で『ブルーピリオド』を連載し、現在の代表作となる。美大受験を目指す高校生を主人公にした同作は、「このマンガがすごい2019 オトコ編」4位、「マンガ大賞2019」ノミネートなど、高い評価を得ている。2019年6月21日、『ブルーピリオド』5巻刊行。

山口つばさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

ブルーピリオド(2) (アフタヌーンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×