ブルーピリオド(2) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.30
  • (42)
  • (29)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 514
感想 : 21
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ブルーピリオド2巻。

    なんの目的もなく楽しく過ごしていた高校生が、美術にのめり込み、藝大を目指して予備校に通い始める話。

    正解・不正解で点数が付けられるわけでもない「美術」の評価。なんのために描くのか、何を持って点数になるのか、点数を取るために描くのか……、教師や予備校に通う同級生や高校美術部の先輩などの言葉や助言から少しずついろいろなことを知ってゆく主人公くん。この先が楽しみ。

  • 東京藝術大学入学を目指す主人公。
    舞台を予備校に移し物語が展開していく。
    意外といい成績を取れる主人公、そして天才肌というか美術しかできることがないと思っている予備校の同級生があまりいい成績がとれず、受験美術と本物の美術とは何か、というテーマも出てくる。
    主人公が情熱的で、もがきながらも何とかしようとする様に好感がもてる。
    引き続き読み進めたい。

  • 美術系の予備校の話がメインになってきました。
    美術部の顧問の先生も好きですが、予備校の担任の大葉先生も豪快で素敵です。

    他にもクセの強い人たちが登場。でもそれ以上にすごいのは予備校の油絵科の他の人達。作品描くのにキャンバス切るとかわけわからん。

    芸大を受験するためにお母さんを説得するシーンは見もの。原作を読んだ時もアニメ見た時も号泣でした。

    世田介くんが予備校に来なくなった。「つまんない受験絵画押し付けやがって」と言って。
    また八虎に「何でも持ってる人がこっちくんなよ」ってどういうこと。そりゃ八虎、怒るだろ。
    世田介くんの考えていることはまだまだよくわかりません。

    あとは・・・恋ちゃんてやっぱいい人。八虎が美術の世界に行っても変わらず接してくれそう。

  • 俺の絵でみんな殺すってすごい。

  • 森先輩、やっぱいいなあ。卒業前に八虎と互いに描いた絵を交換する場面は、森先輩の何気ない温かさに泣けた。佐伯先生とは少し違うベクトルで、自分の気持ちをさらっと吐露してくれる先輩みたいな存在が強い支えになったりするのは共感できるところでもあった。アニメも原作も森先輩の出番がまだまだあると嬉しい。

    アニメでもあった、龍二が塞ぎ込んでいるように見える描写の真相は原作でも分からなかった。八虎が龍二に苦手意識を持ちつつ、龍二の心情を少しずつ理解し始めていて、なんかこのままいくと最終的に付き合い出しそうな雰囲気もあって可笑しい。たぶん友情が芽生える方向に持っていくとは思うけど、その行方もちょっと楽しみ。

  • マガポケで無料公開(といってもチケット)してるから、コツコツ読んでる。
    すごいおもしろいよ〜
    なんか、名言がいっぱい。

    賛成してたと思っていた母親が藝大受けるのを反対している
    なんで藝大なのか
    八虎も自分でなんで藝大なのかわからなくなってる?

    絵の起源は「祈り」
    知恵と戦いと勝利の女神「ニケ」の絵くれた先輩いいな

    母親の絵を描いて渡して説得して「親不孝でごめんなさい」ていうとこアニメだと少し意味がわからなかったんだけど理解した。
    母親は美大反対してたのね

    絵は言葉だと伝わらないものが伝わる
    気付ける
    いいなぁ、

    八虎が描いた先輩の絵好き!
    かわいい!

    八虎が三年生になった

    高校生の1日は成人にとっての1週間

    藝大の合格者の「絵」全然わからん

    まずは自分が何を好きか知ること
    好きなもの、ピンときたものをファイリングする

    芸術は“食べられない食べ物”

    八虎は本当に素直だなぁ

    龍二は男が好き

    夏期講習のコンクールがあるらしい

    すべての名画は構図がいい

    夏期講習はじまり。
    夏期講習は昼間
    今までは夜間で現役生ばかりだった?

    八虎コンクール中間くらい

    世田介が順位低くて、予備校行かないと言い出す

    受験絵画ていう志望校好みに合わせた絵を教えている予備校だと。
    そりゃそうだろ、予備校なんだから。美大に受かるのが目的じゃないの??
    橋田てのは女でいいんだよね?なんかでかい…

    八虎が自分がしてきたことは絵じゃなくて受験だったのかな?とモヤモヤするとき美術部の先生が藝大の文化祭にいくようにアドバイス

    コーヒー(カフェイン)で酔うの?かわいい

    文化祭に世田介も来てた

    藝大生の絵をみて、思ったよりたいしたことない。何が言いたいのかよくわからない。独りよがりっぽく見える
    というふたり

    でも八虎は「来てよかった、やっぱ藝大にいきたい」という。なんでかな…
    なにを感じたんだろう

    世田介からすれば八虎はなんでも持ってるのに美術きた、美術じゃなくても良かったクセに

    言われて泣いちゃう八虎

    八虎純粋すぎだよ〜

    美術に全部掛けるって決めてたのね

    俺の絵で全員殺すそのためならなんでもする

    受験絵画は死語だと予備校の先生

    世田介は本当に予備校をやめた(荷物取りに来た)

  • なんか大変だった

  • 美術青春マンガとしてめちゃくちゃおもしろいですし全員良いのですがユカちゃんとの関係とか距離感とかとくにいいですね……

  • 「俺の絵で全員殺す そのためならなんでもする」ってセリフにめっちゃ共感したというか、受験生の時の描けなくて悔しくて泣きながらデッサンした時を思い出して胸がキュッてなった。
    あと森先輩との絵の交換のお話とか、お母さんを説得するために描いた絵のことを話すとことかも好きなシーン。

  • 矢口八虎、ユカ、高橋世田介、橋田悠、森先輩、佐伯先生

    ・スクラップで自分の好きなものを知る。
    ・同じ系統のものは一枚しか選ばない。

    藝大の文化祭へ。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。 四季賞2014年夏のコンテスト佳作受賞。「アフタヌーン」にて連載中の『ブルーピリオド』で、マンガ大賞2020、第44回講談社漫画賞総合部門を受賞。

「2021年 『小説 ブルーピリオド 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口つばさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×