感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ①化物語 西尾維新/大暮維人
    ここ最近で、最も嬉しい新連載
    藤島先生に負けないくらい、美麗なタッチの大暮先生なら、『化物語』の危ない魅力を存分に引き出してくれるに違いない
    単行本を買うのは確定にしろ、特装版が出るか、そこが気になるな。できりゃ、描きおろしのミニストーリーかイラスト集が欲しい
    ①七つの大罪 鈴木央
    新連載の『化物語』に当たり負けしない、鈴木先生も十分にモンスター級
    エリザベスのために、尚も闇に落ちていくメリオダス。カッコいいと思う一方で、間違っているよな、とも憂う。まぁ、自分が誤った選択をしているのは当人が、一番に分かっているだろう。それでも、男には決断し、実行せねばならない事もある、か
    しみじみと、戦争に良いも悪いもない、始まってしまったら、どっちもが悪だ。そして、歴史は勝者だけが決められる
    ③生徒会役員共 氏家ト全
    改めて、タカトシと同じ状況にはなれないな、と思った。ツッコミスキル云々もそうだが、こんだけ、クセの強い美少女らからモテると、気苦労が多そう
    まぁ、美処女らの駆け引きと牽制合戦が、この『生徒会役員共』の魅力だが
    ④川柳少女 五十嵐正邦
    もう、この部長らは付き合えばいいよ。だって、片方は顔のパーツがメチャクチャで、もう片方が原型を留めてない。もう、お似合いじゃねぇか
    ⑤マコさんは死んでも自立しない 千田大輔
    隣が服に染みついているマコさんの匂いをクンカクンカするような変態じゃなくてよかった

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

西尾維新の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

週刊少年マガジン 2018年 15号[2018年3月14日発売] [雑誌]を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする