月刊MdN 2018年5月号(特集:ポプテピピックの表現学)

制作 : MdN編集部 
  • エムディエヌコーポレーション (2018年4月6日発売)
4.50
  • (3)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :15
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910020310583

月刊MdN 2018年5月号(特集:ポプテピピックの表現学)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 宇宙一のくだらなさは、バカ真面目なヤツらが作っていた!「どうあがいても、クソ」と自ら名乗るアニメ『ポプテピピック』をまるごと紐解いた一冊。

  • AC部の特集部分と
    キャラクター考察が良い
    スポンジボブもこのノリで
    完全解説したらどうか?

  •  切り口は目次の通り。ネタを殺しても関心は殺さない解剖スタンスでもってポプテピピックを読む。
     久々のMdN、中身を見ると、キャラ関係の考察まで踏み込んでいたので、そのまま書店で購入した。


    【版元】
    MdN2018年5月号/VOL.289
    4月6日発売
    価格 1,380円+税

    MdN5月号は「ポプテピピック」特集
    取材と考察からポプテピピックを読み解く!

    4コマのギャグマンガ『ポプテピピック』がTVアニメ化し、大きな話題に。ただし、通常の「アニメ化」とはやや意味合いの違う、ドラマ/ショートコントあり、歌あり、さまざまな仕掛けありといったある種の実験番組となった。どうしてそのような表現形態になったのか、取材と考察で読み解いていく。
    https://www.mdn.co.jp/di/MdN/


    【簡易目次】
    ■イントロダクション
    押さえておくべきポプテピピックの必修科目
    バラエティ性/キャラ/再放送/声優/パロディ/クリエイター

    ■ポプテピピックの表現学1
    「概論」 [プロデューサー 須藤孝太郎]

    ■ポプテピピックの表現学2
    「演出論」 シリーズ構成 [シリーズディレクター 青木 純]

    ■ポプテピピックの表現学3
    「キャラクター論」 キャラクターデザイン[シリーズディレクター 梅木 葵]

    ■ポプテピピックの表現学4
    「辺境論」 [映像作家 AC部]

    ■ポプテピピック制作資料
    ラフ原画/ポプ子のキャラクター表/ピピ美のキャラクター表

    ■論評
    ポプ子とピピ美の友愛に関する考察
    [文:loco2kit]

    ■コラム
    ポプテピピックの制作を担ったアニメスタジオ「神風動画」とは?

    ■コラム
    「ボブネミミッミ」を作ったクリエイティブチーム「AC部」とは?

    ■解説
    ポプテピピック全話解説

    ■スペシャル
    ポプテピピック
    Anime × Manga Mashup by MdN

全3件中 1 - 3件を表示

月刊MdN 2018年5月号(特集:ポプテピピックの表現学)のその他の作品

月刊MdN 2018年5月号(特集:ポプテピピックの表現学)はこんな雑誌です

月刊MdN 2018年5月号(特集:ポプテピピックの表現学)を本棚に登録しているひと

ツイートする