じっと手を見る (幻冬舎単行本) [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
3.56
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (235ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 妻が買っていた本だが、2018年上半期の直木賞候補作だったと知って読んでみた。恋愛小説という苦手分野で構えていたが、甘ったるい話ではなく、現代的でどこか醒めた感じが悪くない。視点が変わりながら進む連作短編の形式で、個人的には海斗の視点が同じ男性であることもあって理解し易い(同じ男性でも宮澤は分からないが、人間的には海斗よりも宮澤の方が自分に近いかもとは思う)。本質的にいい奴だよね、海斗は。介護士の待遇は知識として聞いている範囲を出ないけど、それも物語の基調を支える重要なファクターなんだろうな。

    Amazon内容紹介
    大切な人を、帰るべき場所を、私たちはいつも見失う――。読むほどに打ちのめされる! 忘れられない恋愛小説

    富士山を望む町で介護士として働く日奈と海斗。老人の世話をし、ショッピングモールだけが息抜きの日奈の生活に、ある時、東京に住む宮澤が庭の草を刈りに、通ってくるようになる。生まれ育った町以外に思いを馳せるようになる日奈。一方、海斗は、日奈への思いを断ち切れぬまま、同僚と関係を深め、家族を支えるためにこの町に縛りつけられるが……。

  • 樹海の近くの町で介護士として働く男女とその周りの話。

    上記の舞台と立場上、「死」が身近にある人たちの話。
    そのためか、感情に身を任せた行動を取り悩みや問題に直面している割には、どことなく登場人物たちに達観している雰囲気が漂う。

    現代の日本の地方の町っぽい空気(自分の主観ですが)。今の時代が上手く描写されている印象。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

窪美澄(くぼ・みすみ)
1965年東京都稲城市生まれ。カリタス女子高等学校卒業。短大中退後、広告制作会社勤務を経て、出産後フリーランスの編集ライターとして働く。2009年「ミクマリ」で第8回R-18文学賞大賞を受賞し小説家デビュー。2011年、受賞作収録の『ふがいない僕は空を見た』(新潮社)で第24回山本周五郎賞受賞、第8回本屋大賞第2位。同作はタナダユキ監督により映画化され、第37回トロント国際映画祭に出品。2012年、『晴天の迷いクジラ』で第3回山田風太郎賞受賞。2018年『じっと手を見る』で直木賞初のノミネート。2019年『トリニティ』で第161回直木賞、二度目のノミネート。

じっと手を見る (幻冬舎単行本)のその他の作品

じっと手を見る 単行本 じっと手を見る 窪美澄

窪美澄の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする