五色の虹 満州建国大学卒業生たちの戦後 (集英社文庫) [Kindle]

著者 :
  • 集英社
4.80
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (280ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「五族協和」というのは、日本が満州という傀儡国家を正当化するための偽りのキャッチコピーだと思っていた。だけどそれを本気で実現しようとして(あるいは実現できるか試そうとして)大学が建てられ、その理想の実現に全力で応えようとした学生たちがいた。日本の敗戦、国共内戦などの歴史の流れに翻弄され、辛苦を嘗めた元学生たちの言葉はどれも重みがあった。現代でさえ、異民族が本当に理解し合い信じ合うのはたぶんとてもとても難しいけど、同窓生たちの絆に希望が見えた気がした。

  • 三浦英之のノンフィクション「五色の虹」読了。
    傀儡政権下の満州で、真の「五族協和」という理念のもと開校した建国大学に集ったアジア各国のエリートたち。
    戦況の悪化で志半ばに散り散りになり、指名手配、抑留生活、抗日、政財界入り、再開、それぞれが波乱の人生をどう生きたか。

    大戦や満州国といったテーマが好きな人はもちろん、そうでない人も惹きつける本だと思う。

  • 今年上半期No.1かな。とても良かった。満州に建国大学という五族協和を謳った大学があったこと、そして学生たちは本気でそう考えていたこと、優秀な学生たちの戦後がどの国民であったか、というかどこで終戦を迎えたかによって如実に違っていたという事実に驚き、ショックを受け、そして感動する。著者は私と同い年だが、35歳時の取材によるという。インタビューから諸事情により出版までは4年以上かかった。証言者すなわち建国大学卒業生は当然ながら80-90台のご老人たちで、証言を得るには本当に最後の機会だった。出版時にはインタビューした何人も亡くなっているのだから。この本が存在できたことが奇跡のようにも感じられる。尚、個人的にある意味衝撃だったのは戦時中残酷な指示を次々と出し、サイコパスとしか思えない辻政信が、建国大学教官であったこと、そして学生たちへの態度はまさに良い教師そのものであったこと。

全3件中 1 - 3件を表示

三浦英之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×