編プロ☆ガール (主任がゆく!スペシャル) [Kindle]

著者 :
  • ぶんか社
4.33
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 零細出版社の編集者たちを描いた『重版未定』の続編というか、その前日譚にあたる話。

    タイトルどおり、舞台は編プロ(編集プロダクション)。
    ひとくちに編プロといっても、雑誌中心のところとか書籍中心のところなど、いろんなタイプがあるが、本作の舞台となるのは書籍中心の編プロだ。

    著者の川崎昌平は元々ライターとしてデビュー(幻冬舎新書でいきなり単著を出した)した人だが、その後ライターとして食えなくなった時期に編プロで働いていたのだそうだ(現在も編集者兼業)。その経験が活かされたマンガなのだ。

    東京藝大出身だし、絵についてもお手のものなのだろう。多才な人である。

    私はフリーライターになる前に1年間だけ書籍中心の編プロに勤めていたから、本作の随所で身につまされてしまった(もっとも、私は編プロ時代からライターで、編集の仕事はしたことがないのだが)。

    私の心に突き刺さったセリフの例を挙げる。

    《あっという間に消える本をあっという間に編集する――それが俺たち編プロなんだ》

    《今止まったら倒れるんだ……ウチの会社は》

    《20年この稼業でメシを食ってるけどな……校了後に「もっとこうすりゃよかった」と後悔しなかった本はただの1冊もねえよ……そして時間はいつだって足りない》

    《つまらんと思いながらやる仕事が世界で一番キツイ仕事だぞ》

    《「読まれる本」は「読まれない本」から生まれるんです!
     「読まれない本」にも読者に選択肢を与えている点で意義があるんです!》

  • 編プロ。「仕事はハードだけど、そこでもまれた人は信頼できる」というのが私の印象。そんな編プロに勤める新人編集者・束美ちゃんと、彼女を取りまく同僚たちを描くマンガ。
    ・使えないライターに仕事を頼む編集者は、もっと使えない。
    ・「つながらない電話」の数だけ編集者は強くなる。
    ・つまらんと思いながらやる仕事が世界で一番キツイ仕事

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1981年生まれ。埼玉県出身。東京藝術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了。作家・編集者、東京工業大学非常勤講師。主な著作に『ネットカフェ難民』、『知識無用の芸術鑑賞』(ともに幻冬舎)、『若者はなぜ正社員になれないのか』(筑摩書房)、『自殺しないための99の方法』(一迅社)、『小幸福論』(オークラ出版)、『はじめての批評』(フィルムアート社)、『流されるな、流れろ!』(洋泉社)、『重版未定』、『重版未定2』(ともに河出書房新社)『編プロ☆ガール』(ぶんか社)などがある。現在は『ぽんぽこ書房小説玉石編集部』(「小説宝石」光文社)を連載中。

「2018年 『労働者のための漫画の描き方教室』 で使われていた紹介文から引用しています。」

編プロ☆ガール (主任がゆく!スペシャル)のその他の作品

川崎昌平の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

編プロ☆ガール (主任がゆく!スペシャル)を本棚に登録しているひと

ツイートする