日本現代卓上遊戯史紀聞 [2]草場純 [Kindle]

著者 :
  • ニューゲームズオーダー
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
レビュー : 0
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (121ページ)

著者プロフィール

1950年、東京都生まれ。1974年に東京学芸大学を卒業後、都内公立小学校に勤務し、子どもたちとさまざまな遊びを実践。1976年、ゲームについての最初の論考を『S-Fマガジン』(2月号)に掲載。1982年、ゲームサークル「なかよし村とゲームの木」を設立し、以来30年以上にわたって1700回を超えるゲーム会を開催。1989年、ゲームについての著書『ゲーム探検隊』(共著・書苑新社)を刊行。この頃「遊戯史学会」に入会し、論文を発表。1990年、雑誌『三輪車疾走』に掲載した「今年の牡丹で私が語りたかったこと」が、本書『遊びの宝箱』のルーツとなる。2000年、第1回「ゲームマーケット」を開催し、以来2009年まで毎年主催。2006年、教員を退職すると同時に海外に日本のゲームを送り出すプロジェクト「やぽんブランド」を設立し、『ラブレター』『街コロ』などの話題のボードゲームを世界に送り出す。2007年、『夢中になる! トランプの本』(主婦の友社)を刊行。現在の研究は、江戸時代の盤双六の史料を精読して、近世盤双六のルールと実態を解明すること。夢はボードゲーム博物館の建設。

「2016年 『遊びの宝箱』 で使われていた紹介文から引用しています。」

草場純の作品

日本現代卓上遊戯史紀聞 [2]草場純を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×