ファーストラヴ (文春e-book) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
3.79
  • (6)
  • (8)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 55
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (291ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 重かった。読んでいくとテンションが下がっていく。
    親や他人から、幼い頃に強制的に受けてきた物事が蓄積していき、自分で自分のことがわからなくなっていく。他人に合わせて自分を抑えることで、考えることもできなくなっていく、洗脳教育に近い印象を受けた。異常者とか特別なわけではなく、現実的な話だと思った。

  • 全然話が入ってこなかった。

  • 父親を刺殺した容疑で逮捕された女子大生。「動機は見つけてください」と言う宣伝でも書かれていた言葉は、別に警察組織に対する挑戦ではなく、壊れた女子大生の心の現れだったということで抱いていた印象が全く変わる。主人公はそんな女子大生の心を解き明かそうとする臨床心理士で、彼女の目線で事件の真相に迫る。事件そのものではなく、その背景となった登場人物それぞれの幼少期の記憶が紡ぎ出す真相。展開は静かで手に汗握るという感じではないがイッキ読みさせられた。

  • 直木賞受賞島本理生さん 『ファーストラヴ』というタイトルに込めた想い
    https://xn--nckg3oobb0816d2bri62bhg0c.com/interview65-rioshimamoto/

  • 直木賞受賞作なのですが、あまりハマりませんでした。登場人物の誰にも寄り添えなかったというか。みんながみんな病んでいて、読んでいて重苦しい。ただ終盤は良くまとまっていて、読後感は悪くない。いずれ映画化されそう。

  • 無知な異性と無神経な同性による負の連鎖・・ものすごく重いテーマなのにものすごく読みやすくて読後感も爽快!すばらしい物語でした。

  • 直木賞受賞作。
    昔読んだ「ナラタージュ」を理解できずに避けてきた島本理生だが、これは傑作と感じる。家族というのは美しいだけではなく、呪縛でもあるのだと知った。ミステリとして読んでも非常によく練られており、ひとりひとりの登場人物に手を抜いていないことが分かる。
    終わり方に救いがあるのも、この小説ならばこれでいいと思った。

  • センセーショナルな出来事の内因にむかって、丁寧で誠実な手つきでめくる作業がすすむなかで、読手も自分の初恋(=初めての性体験、と私はとらえました)を掘り起こされ。かんなの初体験とゆきの初体験の引きずり方が、なんというか、ものごとの捉える複雑性そのもの。
    主人公がイケメン兄弟に愛される少女マンガもしくは乙ゲ的な面はあるけど、そこが救いに。
    全編とおし、吉田秋生作品と共鳴。主人公と「櫻の園」のおねーさんとか、「海街diary」のシャチ姉(とお母さん)とか。
    おそらく、「大人の役割」を考えさせられる部分が。

  • 芥川賞じゃなくて直木賞狙ってきたな感を覚えた。映画化されそう。

    環菜や由紀の感情の揺れが苦しくなる。
    タイトルのファーストラブは誰の初恋を表していたんだろう。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

島本 理生(しまもと りお)
1983年東京都板橋区生まれ。都立新宿山吹高等学校に在学中の2001年に「シルエット」で、第44回群像新人文学賞の優秀作を受賞し、デビュー。06年立教大学文学部日本文学科中退。小学生のころから小説を書き始め、1998年15歳で「ヨル」が『鳩よ!』掌編小説コンクール第2期10月号に当選、年間MVPを受賞。2003年『リトル・バイ・リトル』で第128回芥川賞候補、第25回野間文芸新人賞受賞(同賞史上最年少受賞)。2004年『生まれる森』が第130回芥川賞候補。2005年『ナラタージュ』が第18回山本周五郎賞候補。同作品は2005年『この恋愛小説がすごい! 2006年版』第1位、「本の雑誌が選ぶ上半期ベスト10」第1位、本屋大賞第6位。2006年『大きな熊が来る前に、おやすみ。』が第135回芥川賞候補。2007年『Birthday』第33回川端康成文学賞候補。2011年『アンダスタンド・メイビー』第145回直木賞候補。2015年『Red』で第21回島清恋愛文学賞受賞、『夏の裁断』で第153回芥川賞候補。『ファーストラヴ』で2回目の直木賞ノミネート、受賞に至る。

ファーストラヴ (文春e-book)のその他の作品

ファーストラヴ 単行本 ファーストラヴ 島本理生

島本理生の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする