このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法 [Kindle]

著者 :
  • ダイヤモンド社
4.23
  • (54)
  • (39)
  • (21)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 451
レビュー : 54
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (224ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 転職を考え始めて読んでみたが、ただ転職を勧めるわけではなく、「思考法」の言葉に相応しく仕事に対する考え方が書かれている。

    タイトルには転職と書かれているが、新卒の時に読んでもタメになると思う。

  • 少し前に話題になった本。キャリア系の話をするために読んだ。物語形式になっていて読みやすい。
    ポイントポイントもまとめノートになっているので、あとから見ても見直しやすいかも。

    目次
    はじめに:転職には、情報ではなく「思考法」が必要だ

    1章:このままでいいわけがない。だが……
    -「漠然とした不安」の正体を解明する
    大企業から消える元エリートサラリーマンの末路
    転職は人生で始めての「捨てる意思決定」

    2章:すべての仕事はいつか消える。伸びる市場に身を置き続けろ
    -「一生食える」を実現する4つのステップ
    【STEP1:自分の「マーケットバリュー」を測る】
    マーケットバリュー=技術資産×人的資産×生産性
    【STEP2:今の仕事の「寿命」を知る】
    すべての仕事に存在するライフサイクルの構造
    【STEP3:「強み」が死ぬ前に伸びる市場にピボットする】
    才能は不平等だが、ポジショニングは平等だ
    【STEP4:市場の中から、ベストな会社を見極める】
    「中途で入るべき会社」と「新卒で入るべき会社」は違う

    3章:「転職は裏切り」は、努力を放棄した者の言い訳にすぎない
    -成長が止まった企業で起きる内紛
    消去法で会社にいる者に絶対にいい仕事はできない

    4章:あなたがいなくなっても、確実に会社は回る
    -残される社員、ついてくるパートナーとどう向き合うか
    転職後期の「今の会社に残ってもいいかも」という迷い
    パートナーへの相談はロジックではなく「共感」で攻めよ

    5章:いつから「仕事は楽しくないもの」に成り下がったのだろうか?
    -生きる「手段」としての仕事、「目的」としての仕事
    ほとんどの人に、「心からやりたいこと」なんていらない
    緊張と緩和のバランスを整えよ

  • タイトルの通り、このまま今の会社にいてもいいのか?と思った人ならスラスラ読める内容だと思います。
    そんな心情の私は数時間で読めました。

    転職に関する知識はほぼ皆無でしたが、まさに思考法を学ぶことができる内容でした。

    私が特に響いたのが
    どうしてもやりたいこと、楽しいことがすぐ思いつく人間が転職なんて考えないということ。
    楽しいと思える仕事とは何か、と考えながら彷徨っていた私にとって、まさにその通りだと今更ながら感じました。
    それが悪いことではなく、状態に重きをおく人間だということが理解でき、そういう人間に対しての今後の仕事を楽しむための条件や、好きなことを見つける条件もわかりやすく、それを元に自己分析をしました。

    自己研鑽に努めながらマーケットバリューを高めていきたい。

  • 転職を考えてる人だけでなく、そうでない人も自分のキャリアを考える上で非常に参考になると思う。

    以下、備忘メモ

    ■マーケットバリューは3つの要素で決まる。
    ・技術資産
    ・人的資産
    ・業界の生産性

    ■99%の人は、心からやりたい事なんてない。



    私自身、転職を考えている訳ではない。
    ただ、自分の市場価値を高めていくために、技術資産と人的資産を高めることに注力して働いていきたい。

    また、心からやりたい事が無い私にとっては、働く環境も大切なんだと気付かされた。
    今の環境は、ワークライフバランスも良く、加えて適切な緊張感を持って仕事が出来ているので、この環境を大切にしていきたいと思った。

  • ストーリー仕立てが逆に微妙な印象。
    転職に対する知識や考え方は綺麗にまとまってあった。自分にもしそーゆータイミングが有れば、この本はかなり参考になると思う。

  • かなり有名な本ですよね。

    「バイト先に来る嫌な客に対して強く出るためには、自分はどういう存在であればいいか」を考えてた時の考えと似た要素がちょこっとあって嬉しかった。

    クビになっても自分を雇いたいと思うような企業がたくさんあれば、イヤな客に対しても強く出れる。

    逆に今の会社にしがみつかないといけない状態だと、多少嫌でも頭下げるしかない。

  • 「転職を一度でも考えたら読む」ではなく、
    「このまま今の会社にいていいのかと一度でも思ったら読む」は、単にターゲットを広げるだけでない、良本でした。
    転職というカードが自分にもあると認識することで、自分が前向きな働けるようになり、そんな人で溢れれば会社が変わり、社会が変わる
    そんなことを成し遂げたいんだなと感じられました。
    自分はまだまだ今の会社でぴったりだと思っているが、「このまま今の会社にいていいのか?」と思えば改めて読み直したい。
    それでなくても、
    to do重視型とbeing重視型がいて、todo重視は、なにをするかを重きを置いて考える。
    beingはどうな人でありたいか、誰としたいかで考える
    本を書くのような人はtodo型が多く、ほとんどの人に当てはまらない。

    自分の好きなこと、苦にならないことを「ラベル」として自分で持つ。
    (特に他人が苦に思うが、自分は苦に思わないこと、普通のこと)
    それは勉強や努力が苦にならないから、長所を伸ばしやすい。
    それを仕事にするとよい。
    といった、仕事をする上で大切にして、考えておきたいことも詰まっていました。

  • ストーリー調なので読みやすい。
    上司を見るかマーケットを見るか?や
    技術力、人脈、選んだマーケットの良さ、のどれで稼ぐ人間になりたいか?といった記憶に残る内容が多い。

    転職の、というタイトルだが新卒はもちろん、中学生くらいの働くことがまだ少し遠い世代にもぜひ読んでもらいたいと思った。少なくとも大学受験前に文理選択で悩んでた頃読んでいたら進路は違ったかもなあ。

    夢を追いかけて結果金銭面で転職を余儀なくされる人を多々見ており、年収が全てではもちろんないが、職業選択の際にマーケットが生み出すGDPについて早めに認識することは大事だと思った。

  • 小説形式になっており、半沢直樹のようなストーリー展開で楽しみながら転職のナレッジについて学ぶことができた。
    まずは自分自身のキャリアの棚卸しをしてマーケットバリューを図ることからはじまる。
    そのうえで今後のマーケットバリューが高まる業界にフォーカスして転職先企業を決めていく。
    そのなかでの転職エージェントの役割についても理解できた。
    また、転職が当たり前になり、いきいき仕事が出来るひとが増えることが社会のためになるといったこの本の提言にも共感できた。

  • 1.特別な才能を持たないほとんどの人間にとって、重要なのは、どう考えても、どの場所にいるか。つまりポジショニングなんだ。
    2.30 代以降にとって、成長とは間違いなく自分の力で掴むものだ。だからこそ、自分が活躍できるかどうかを厳しく見極めろ。
    3.転職の軸が定まり、具体的な会社を選ぶ段階になったら見ないといけない点が2つある。ひとつは『中途を重宝できるカルチャーがあるか』。もうひとつは『自分の職種が会社の強みと一致しているかどうか』

全54件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

兵庫県出身、神戸大学経営学部卒。就職氷河期に博報堂へ入社し、経営企画局・経理財務局で勤務。その後、ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画。執行役員として事業開発を経験し、現在同社の最高戦略責任者、子会社の代表取締役を兼務。テレビ番組や新聞、ビジネス誌などで「職業人生の設計」「組織戦略」の専門家としてコメントを寄せる。
著書に『転職の思考法』『オープネス』(ダイヤモンド社)『天才を殺す凡人』(日本経済新聞出版社)がある。

「2019年 『分断を生むエジソン』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北野唯我の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法を本棚に登録しているひと

ツイートする