このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法 [Kindle]

著者 :
  • ダイヤモンド社
4.21
  • (59)
  • (44)
  • (25)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 515
レビュー : 62
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (224ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 転職を考え始めて読んでみたが、ただ転職を勧めるわけではなく、「思考法」の言葉に相応しく仕事に対する考え方が書かれている。

    タイトルには転職と書かれているが、新卒の時に読んでもタメになると思う。

  • 少し前に話題になった本。キャリア系の話をするために読んだ。物語形式になっていて読みやすい。
    ポイントポイントもまとめノートになっているので、あとから見ても見直しやすいかも。

    目次
    はじめに:転職には、情報ではなく「思考法」が必要だ

    1章:このままでいいわけがない。だが……
    -「漠然とした不安」の正体を解明する
    大企業から消える元エリートサラリーマンの末路
    転職は人生で始めての「捨てる意思決定」

    2章:すべての仕事はいつか消える。伸びる市場に身を置き続けろ
    -「一生食える」を実現する4つのステップ
    【STEP1:自分の「マーケットバリュー」を測る】
    マーケットバリュー=技術資産×人的資産×生産性
    【STEP2:今の仕事の「寿命」を知る】
    すべての仕事に存在するライフサイクルの構造
    【STEP3:「強み」が死ぬ前に伸びる市場にピボットする】
    才能は不平等だが、ポジショニングは平等だ
    【STEP4:市場の中から、ベストな会社を見極める】
    「中途で入るべき会社」と「新卒で入るべき会社」は違う

    3章:「転職は裏切り」は、努力を放棄した者の言い訳にすぎない
    -成長が止まった企業で起きる内紛
    消去法で会社にいる者に絶対にいい仕事はできない

    4章:あなたがいなくなっても、確実に会社は回る
    -残される社員、ついてくるパートナーとどう向き合うか
    転職後期の「今の会社に残ってもいいかも」という迷い
    パートナーへの相談はロジックではなく「共感」で攻めよ

    5章:いつから「仕事は楽しくないもの」に成り下がったのだろうか?
    -生きる「手段」としての仕事、「目的」としての仕事
    ほとんどの人に、「心からやりたいこと」なんていらない
    緊張と緩和のバランスを整えよ

  • タイトルの通り、このまま今の会社にいてもいいのか?と思った人ならスラスラ読める内容だと思います。
    そんな心情の私は数時間で読めました。

    転職に関する知識はほぼ皆無でしたが、まさに思考法を学ぶことができる内容でした。

    私が特に響いたのが
    どうしてもやりたいこと、楽しいことがすぐ思いつく人間が転職なんて考えないということ。
    楽しいと思える仕事とは何か、と考えながら彷徨っていた私にとって、まさにその通りだと今更ながら感じました。
    それが悪いことではなく、状態に重きをおく人間だということが理解でき、そういう人間に対しての今後の仕事を楽しむための条件や、好きなことを見つける条件もわかりやすく、それを元に自己分析をしました。

    自己研鑽に努めながらマーケットバリューを高めていきたい。

  • 現職から転職までを、小説っぽくストーリー展開されてるので、すごく読みやすいです。
    個人的には、転職の軸として「マーケットバリューは上がるのか?」というのは、この本に出会って深く考えられました。
    おかげで良い会社にも出会いとても感謝しています!

  • 物語形式で非常に読みやすい。
    転職する人もしない人にも、今後のキャリア、仕事への向き合い方への指針となる。

    どこの会社にいても通用するスキルをもつ 
    ずっと考えていたこと。

    これから大事なのは、経験と人脈
    自分だけでは獲得できない
    周りから必要とされ、好かれ、
    巻き込む力をつけることができるように目指そう。

  • 2020.08.15
    意思決定とは捨てる判断を伴うもの
    市場価値を把握する(上司ではなくマーケットをみて仕事をする)。価値を伸ばすための仕事をする。
    伸びる業界に身を置く。

  • 個人的に小説風になってるのはメモが取りづらくて不便だったけど、学びをたくさん得れた。

  • 【書評】
    転職に対するマインドセットを変える本。
    最初の転職は誰しもが怖いと思うもの。
    だからこそ何を考えるべきか?どう考えるべきか?について知る必要がある。
    転職を考えたときに改めて読み返してみたい。

    【引用】 
    ●転職と不安について
    ・選択が失敗かどうかは事後的にしか分からない。
    ・失敗につながる唯一の条件は「覚悟を決めるべき時に覚悟を決められないこと」
    ・転職を阻害するのは、ほとんどが見栄や恐怖
    ●マーケットバリュー(市場価値)を測る9の質問
    ①会社を変えても価値のあるスキルをどれだけ持っているか?
    ②そのスキルの「賞味期限」はいつまでか?
    ③他の会社でも通用する「レアな経験」がどれだけあるか?その経験は、世の中からどれだけ「強いニーズ」があるか?
    ④⑤⑥省略
    ⑦自分の所属マーケットの「一人当たりの生産性」はどれだけ高いか?
    ⑧自分の所属マーケットに今後の「成長性」はあるか?
    ⑨今後、どれだけ「自分の市場価値」は成長が見込まれるか?
    ●マーケットバリュー=技術資産×人的資産×業界の生産性
    ・技術資産:
    職種に紐づく「専門性」=法人営業など
     職種に紐づかない「経験」=マネジメント経験
    ・人的資産:
    「人脈」=あなただから動いてくれる人が
    どれだけいるか?
    ・一人あたりの粗利

    ●これから伸びるマーケットを見つける方法
    ①複数のベンチャーが参入し、各社が伸びているサービスに注目する
    ②既存業界の非効率を突くロジックに着目する(理屈から考えて正しいこと)

    ●会社選びの3つの基準
    ①マーケットバリューは上がるか?
    ②働きやすいか?
    ⇒①②は長期的には一致する
    ③活躍の可能性は十分か?
    ・「どんな人物を求めていて、どんな活躍を期待しているか」
    ・「今いちばん社内で活躍し、評価されている人はどんな人物か?なぜか?」
    ・「中途で入った人物で、今活躍されている人はどんな社内パスを経て、どんな業務を担当しているのか?」

    ●転職後の給料について
    ・すでに給与が高い成熟企業と、給与は低いけど自分のマーケットバリューが高まる会社とで悩むことがあれば、迷わず後者を取れ。マーケットバリューと給与は長期的には必ず一致する

    ●仕事における「楽しみ」について
    ・99%の人間はbeing型。(どんな人でありたいか、どんな状態でありたいかを重視する)
     だから「心からやりたいこと」がなくても悲観する必要はまったくない

  • むしろ新卒の人が読んだ方が良いような本だったなと。

  • 物語形式で、「転職の思考法」を教えてくれる本。「古き日本型雇用の崩壊と、その代案の不在」を憂う筆者が、「全ての人がいつでも転職できる状態をつくりたい」と思って書いた本。最後にまとめが書かれてる。

    # 印象に残った言葉
    - 転職は捨てることを伴う最初の意思決定
    - 現代のビジネスの価値は財務状況だけでは見極めづらくなっている
    - 何をするかに重きをおくto do型とどんな人でありたいか、どんな状態でありたいかを重視するbeing型の人間がいる。
    - 自分にラベルを貼れ

    # 感想
    転職前に読めばよかった。転職前に、図書館で予約してたのが、転職後に届いた。でも、自分の決断は間違ってなかったんじゃないかなと思えた。「自分にラベルを貼れ」を実践してみよかな。

全62件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北野唯我(きたの・ゆいが)
兵庫県出身、神戸大学経営学部卒。就職氷河期に博報堂へ入社し、経営企画局・経理財務局で勤務。
その後、ボストンコンサルティンググループを経て、2016年、ワンキャリアに参画。執行役員として事業開発を経験し、
現在同社の最高戦略責任者、子会社の代表取締役を兼務。テレビ番組や新聞、ビジネス誌などで「職業人生の設計」「組織戦略」の専門家としてコメントを寄せる。
著書に『転職の思考法』『オープネス』(ダイヤモンド社)、『天才を殺す凡人』(日本経済新聞出版社)、『分断を生むエジソン』(講談社)がある。

「2020年 『これからの生き方。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

北野唯我の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド・ダイア...
稲盛和夫
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

このまま今の会社にいていいのか?と一度でも思ったら読む 転職の思考法を本棚に登録しているひと

ツイートする
×