応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書) [Kindle]

著者 :
  • 中央公論新社
3.13
  • (0)
  • (8)
  • (3)
  • (4)
  • (1)
本棚登録 : 76
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (292ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「応仁の乱」はある意味日本の中世の終わりの始まりのような事件だったんだな、と思う。この本はその状況を詳細に詳しく解説している。
    舞台になった場所をこの本を読んだ後で歩くと実際の風景の中にかすかな痕跡を認めることがあり、とても楽しい。
    今は状況的に出かけることも難しいが、機会があったら近畿のあたりを訪ねてみたいと思う。

  • 新書ではあるが、非常に読み応えがあった。巷で評判になった本ではあるが、それだけのことがある。
    誰もが知っている割りに、誰もがよく知らない応仁の乱ではあるが、関係が深い当時の観察者の視点で丁寧に推移が書き記されることで、非常に面白く読むことが出来た。

    筆者が後書きで、当時の関係者の視点で事態を理解することに努めたと書いていたが、まさにそうした熱意が伝わってきた。

  •  太平洋戦争で京都が空襲を受けなかったことから、京都で「こないだの戦争」といえば応仁の乱のことだ、というジョークがある。そんな関係で名前だけは有名だが、応仁の乱は誰と誰が争って誰が勝ったのかと聞かれるとよく知らない。私が無知なだけでなく世間一般にもあまりよく理解されていない乱のようで、大河ドラマなどで取り上げられても人気が出ないという。

     そんな応仁の乱を詳しく紹介するという、一般向けの新書としてはやや無謀なテーマを扱った本書だが、なぜかベストセラーになったと聞いて読んでみることにした。著者は以前読んだ『一揆の原理』と同じ呉座勇一氏だ。定説と自説を適度に織り交ぜながら生き生きと語る文章は、読む人を引き込む力があると期待した。

     しかしそんな呉座氏の筆力をもってしても、応仁の乱の経緯をわかりやすくするのは困難だったようだ。困難である理由は簡単で、関与した人物の数があまりに多く、また経緯があまりにも複雑で、結末もはっきりしておらず、要するにグダグダな乱だったからだ。

     武家でも公家でも、室町時代の有力人物には戦国武将ほどの華がない。細かい合戦をクローズアップすればそれなりのドラマになると思うが、全体像はグダグダとしか言いようがない。東軍と西軍に別れたと言っても同じ家で分裂していたり途中で乗り換えたり、場所も京都や河内、大和、さらには越前など遠方の領地の利害も絡んでいて、どう頑張ってもすっきりした解説は無理だろう。

     一番納得できる説明はあとがきにあった。応仁の乱は第一次世界大戦と似た構図を持つというものだ。

    (引用ここから)
     ‥‥各国の指導層は必ずしも好戦的ではなく、むしろ誰も意図しないまま世界大戦に突入していった。しかも全ての参加国が短期決戦を志向したにもかかわらず、戦争は長期化し総力戦の様相を呈した。‥‥
     応仁の乱も‥‥東西両軍は共に短期決戦を志向したが、戦争は長期化し足軽や郷民を動員する総力戦の様相を呈した。‥‥古今東西を問わず、人類は同じような過ちを繰り返すのかもしれない。
    (引用ここまで)

     繰り返すのは過去だけではない。今の世界情勢を見ていると、この先もやはり同じ過ちを繰り返すのではないかと心配になる。多分、ある程度は避けられないのだろう。

  • 難しかったがおもしろいです。何回も読み直そうと思います

  • 名前は絶対知っているけれど、中身が良く分からない日本史上最大のイベント、応仁の乱について一般人に分かるような本は初めてなのかもしれません。
    大和の視点というのも新鮮でした。

  • こんなに細かく枝分かれして説明されても、整理がつかないままになる。

  • 内乱としか知らない応仁の乱の詳細な解説。
    登場人物が多く、整理が必要。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

国際日本文化研究センター(京都市)助教。専門は中世の日本の歴史研究。著書に「日本中世への招待」「陰謀の日本中世史」など。

「2020年 『1偉人1分 まんがでサクッと日本史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

呉座勇一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
トマ・ピケティ
三浦 しをん
戸部 良一
有効な右矢印 無効な右矢印

応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱 (中公新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×