サバイバル・ウェディング [Kindle]

著者 :
  • 文響社
3.52
  • (1)
  • (11)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 63
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (235ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ドラマ見てないけど、ドラマを見てるような気分で読めた。宇佐美がいいわ。

  • ドラマ化されて気になったので半年後だが、読んでみた。Amazonプライムで無料だったのも読み始めたきっかけ。
    ドラマと違った内容で面白かった。しかし、ドラマのイメージが残っているので主人公は波瑠のイメージが頭から離れることがなかった。続刊(また別の人の話)も読んでみようと思う。

  • 装丁の可愛さと無料だったから読み始めた。女の登場人物にあまり共感できないと思ったらやはり男性作者でした。男尊女卑な人なんだろうなー。ストーリー自体は面白かったです。

  • 気軽に読める1冊
    よくある恋愛コメディかな

  • とても読みやすい本でした。

    主人公のさやかと自分の考えが一致することが
    多かったです。結婚するには多少の妥協が必要だとか、
    相手のために演じた自分ではなく、
    ありのままを好きになってほしいだとか。

    その度に語られる宇佐美の言葉に
    ハッとさせられぱなしでした。

    面白かったです。

  • マンガみたいでスイスイ読めたし笑えた

  • ブランド蘊蓄満載の恋愛コメディ。
    軽い印象で、さらっと読み終わりました。

  • Prime Readingで面白そうだったのでポチッと。
    テレビをもっていない私には関係ないが、ドラマ化された(される?)そうだ。

    いかにもドラマや映画に向いている作品だと思う。テンポが早くて面白い。
    時々出てくるラグジュアリーブランドの訓話のようなものも面白かった。
    最後の巻末に出ている参考図書一覧をみて、なるほどーとにんまり。

    軽くて楽しい読書で一気読みだった。

  • Amazon primeで無料だったので読んだ。
    テンポが良くて読みやすかった。
    ドラマの最終回の前から見たけど、ほぼドラマと同じ内容だった。

  • ドラマでやっていたので気になって読むことにした。

    さやかの言動に思い当たるところがあってギクッとすることが何度もあった。男心っていうのは調子がいいなー。

    あと、私的には意外な人とくっついた。
    これはあくまでも想像だけど、現実の結婚も実はこういう形で落ち着いてる人が多いんじゃないかなと思った。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

立教大学理学部卒。大手通信会社の広報、マーケティング職を経て、作家、編集者として活躍中。初の小説作品『サバイバル・ウェディング』は地上波で連続テレビドラマ化される。また『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』(共著、文響社)など、「難しいことはわかりませんがシリーズ」が30万部突破のベストセラーになる。

「2018年 『サバイバル・ウェディング2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

サバイバル・ウェディングのその他の作品

大橋弘祐の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする