母の友 2018年8月号 特集「平和のためにできること」

  • 福音館書店
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910075110886

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 温又柔さんの「母の友エッセイ(2回目)」、石塚元太良さんの「父の友(2回目)」など、いろいろな連載コラムが楽しみな雑誌。8月は恒例の平和を考える号。
    堀川真「たぶん、なんとかなるでしょう。」いつも楽しみだけれど、今回の男児二人連れた家族で東京記がおもしろかった。子どもの目から見た東京の窮屈さ、「(子どもはのりものに乗せときゃ…と思ったけれど)電車に乗るのだって考えてみたら狭いところに知らない人と詰め込まれる行為。ダイには苦痛だったんでしょうね」とこどものフキゲンを酌み、都会ならではの「体力より耐力」な日々への気付きはなるほどと思った。

  • 先ずはアベ君に政治の舞台から去って貰うコトですよね、、、

    【保護者の方に】母の友|月刊誌のご案内|福音館書店
    特集は「平和のためにできること」です。世界の政治の動き、また、国内での憲法をめぐる議論などをふまえ、改めて、今、平和のためにできることを、絵本作家の五味太郎さんや、法学者の谷口真由美さんたちと共に考えたいと思います。後半カラーページは平野恵理子さんによる「季節の自然探検・夏編」。「絵本を作る人」は古賀充さん(『いしころ とことこ』)です。
    http://www.fukuinkan.co.jp/maga/detail_haha/

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1945年、東京生まれ。工業デザインの世界から絵本の創作活動にはいり、ユニークな作品を数多く発表。子どもからおとなまで、世界中に幅広いファンを持つ。著作は400冊近くあり、多くの絵本が世界各国で翻訳されている。代表作に『きんぎょがにげた』『みんなうんち』『言葉図鑑』『さるるるる』『きみの のぞみは なんですか?』などがある。『つくえはつくえ』で2019年に講談社絵本賞を受賞。

「2020年 『もみのき そのみを かざりなさい』 で使われていた紹介文から引用しています。」

五味太郎の作品

母の友 2018年8月号 特集「平和のためにできること」を本棚に登録しているひと

ツイートする
×