ノーベル文学賞を読む ガルシア=マルケスからカズオ・イシグロまで (角川選書) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
3.33
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 2
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (222ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ノーベル文学賞の発表を見て、積読から引っ張り出し。
    タイトル通り1980年代のガルシア・マルケスからカズオ・イシグロまでの受賞者の作品が技工的な面から解説されています。

    ノーベル文学賞は日本人作家のものしかよんだことはありませんが、文学賞作品の取っ付きにくさの原因はわかったきがします。
    作者の技法に振り回されて、私の頭がキャパオーバーしたのね(笑)

    そんな、作者の技法や読者を騙すテクニックが分かりやすく解説されているので、ノーベル文学賞にハードルをかんじている人が、作品に挑戦するまえの攻略本としてオススメです。

  • ノーベル文学賞受賞作家の本をもっと読もうという気になった。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1982年、埼玉県生まれ。慶應義塾志木高等学校卒、慶應義塾大学大学院文学研究科中国文学専攻博士課程修了。博士(文学)。慶應義塾志木高等学校講師(国語科)等を経て、現在、お茶の水女子大学基幹研究院助教。専門は中国語を中心とした文体論、比較詩学。著書に『7力国語をモノにした人の勉強法』(祥伝社文庫)『物語における時間と話法の比較詩学』(水声社)『物語論 基礎と応用』(講談社選書メチエ)『日本語の謎を解く』(新潮選書)『ノーベル文学賞を読む』(角川選書)などがある。

「2019年 『使える!「国語」の考え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

橋本陽介の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×