【Amazon.co.jp限定】さよならの朝に約束の花をかざろう (特装限定版) (新規録り下ろしドラマCD付) [Blu-ray]

監督 : 岡田麿里 
出演 : 石見舞菜香  入野自由  茅野愛衣  梶裕貴  沢城みゆき  細谷佳正  佐藤利奈 
  • バンダイナムコアーツ
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・映画

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 時間の流れって非情だよなぁ…って、劇場で見た時もおもた。
    人に対してもだし、国とか共同体とか、そも文明に対しても。
    生まれ、興ることに対しては、その価値をどんどんと変化させていって。

    もちろん作中で(その変化の代表として)描かれるマキナの母性って、変化することが必ずしも悪いコトではないって思わされるんだよね。
    始まりは不確かで曖昧だった感情が、やがては昇華され尊くなっていく。
    そして時の流れは非情だけど、その感情は時に負けずに「ずっとずっと忘れない」ものとなるんだなぁ…って、マキナが。

    共同体は壊され、文明は衰退し、人は死んでいくけど「悲しくない別れだってある」というのが胸にクる。


    特典ブックレットのインタビューがまた良かった。
    まず、キャストの皆さんは自分が演じたキャラクターに真剣に向き合っていたんだなぁ…って感じられるコメントを残してくれてた。
    こうまで熱意あるコメント、この手のインタビューでなかなか見た記憶ないわー。

    そんな中、杉田智和さんasイゾル。
    他のかたが長文で思いの丈を綴っているのに、短い! 短すぎる!!
    そういうとこだぞ、杉田!!とか思いつつ、しかしこの人らしいよなぁ…と。
    更にはその短文の中でも決めるトコを決めて、何てカッコイイんだ…とおもたわ!

    スタッフインタビューも良かった。
    どれだけの気持ちを込めて、意図を隠して、作品を作ったのか伝わってくる。
    公開当時、なーんか技巧的にうんぬん指摘を受けてたような覚えがあるんですけれど、そうした部分にはちゃーんとスタッフの意図があったんだよなー。
    当時はうまく説明できなかったけど、なるほどな~って思ってる。

    スタッフとキャスト、皆さんの気持ちがつまった作品。
    感服いたしました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

脚本家。『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』『LUPIN the Third 峰不二子という女』などのアニメ作品でシリーズ構成を担当。アニメ『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の脚本を手がけ、その小説化である本作は自身初の長編小説となる。

「2016年 『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

外部サイトの商品情報・レビュー

【Amazon.co.jp限定】さよならの朝に約束の花をかざろう (特装限定版) (新規録り下ろしドラマCD付) [Blu-ray]を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする