神さまとのおしゃべり - あなたの常識は、誰かの非常識 -

  • Audible Studios (2018年8月27日発売)
3.71
  • (6)
  • (5)
  • (3)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 60
感想 : 8

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鏡は先に笑わない
    これがこの本の全てを物語っている
    要は心の持ち様

    かなりゴリ押しな部分も多いし聞き手役が聞き分け良すぎやろ!ってとこあるけど、これまた読み手の受け取り方次第

  • シェアハウスの友達が興味を持ってくれたので退去する際にあげた。

    数年前から持っていた本、なぜそんなに持っているのか。
    大切なことが書いてある気がしたから読みたかった、でもなぜか読み進められなかった。

    ひすい こたろうさんの「あした死ぬかもよ?」みたいに泣きすぎて先に進めないのではなく、なぜ読み進められない。さーっと流して読むこともできなかった。

    今更Amazonのレビューを読んだところ、言葉遣いが乱暴だという感想を多数目にして、もしかしたら言葉遣いが受け入れられなかったのかもしれないと思った。

    それから最後に読んだとき(正確には読むことに挑戦したとき)、泉ウタマロさんの「人生逆戻りツアー」を思い出した。
    同じことを書いていたりするかな、どちらも読んだ方に聞きたい。

  • 自分を嫌いな人が一番自分のことを分かっている。
    価値観が違うことを受け入れ、もっと周りから見える自分を知っていきたい。

  • 〇現実とはなにか?
    p.20
    1.この世は全て、あなたの望み通り。
    ⚠️・願いは全て叶っている
    ex)仕事したくない←給料もらえない←ご飯食べれない←死ぬ
    →生きてる→ご飯食べてる→お金貰ってる→仕事ある
    →その人の現実にその人が望んでいないことは一つも起きない。この世は全てその人の望み通り
    →全て叶ってるのに気づけず不幸と思い込んでるだけ
    ←現実に不満があるなら
    1.願いが叶う頃に本人が願ったことを忘れてる
    2.願いが複雑で叶った事自体に気づけない
    3.間違えた願い方をしたせいで変な形で叶った
    →願った自分自身が願いであることに気づけてない
    ←望んでない出来事はひとつも起こらない
    ex)病気:休みたい+ズル休みはしたくないとか

    2.あなたの信じることは何もかも全て、現実となる
    ・信じる:こうあって欲しいと願ってること
    ex)努力すれば報われる→簡単には報わないでくれ!
    ってことが叶ってしまう
    ⚠️日本の常識は海外の非常識
    自分の常識は誰かの非常識
    ←自分がすべきと思ったことをするべきやろ!
    ←自分の人生なんやから。狭い世界で縛られない
    ・現実:自分が見えたりの5感の総称
    ・信じたことは全て起こる
    ex)空中からモノがでる:信じてなければ自分も出来へんし、現実にも起こらん←聞いたり、見たりも
    →たまたまなんて1つもない。全てが願ったから
    ・信じることで目の前の全ての現実を人間は創ってる
    ←脳科学,物理学:現実:脳内で勝手に作り上げてる架空のもので、人の数だけ異なる現実があることを解明
    ⚠️バラ:美しい、トゲトゲしい、真っ赤、醜い...
    →各々が見たいように現実を見ている証拠
    →たった1つの事実などなく、あるのは見る人それぞれの解釈
    ⚠️なにを信じるのも自由なこの宇宙で何を信じるか

    3.あなたには、自動で願い続けてくれる観念という便利機能がついている
    ・観念:深層意識の中で無意識に自動で考え続ける機能
    ←幸せなる観念出来たら、正のスパイラルやん!

    4.固定観念とは、あなただけが信じる幻のルール
    観念:何かと何かを勝手にくっつけて、そのままになってる状態

    5.現実とはあなたを映し出す鏡
    ⚠️
    ・固定観念を変える→固定観念を見つける必要ある
    ←自身を見る時鏡みるのと一緒
    →現実:その人が信じた全て
    →何を信じてるかは現実見ればわかる
    ex)固定観念を変えるの難しい、ハンドルは丸など
    ・現実の全ては自分
    ←花も石も鳥も
    →観念:願いの結晶:光が乱反射して映し出されるのが現実世界

    6.感情が溢れ出るような出来事はあなたの固定観念に気付くチャンスである
    ・人間は感情と一体化してる
    ←本来は感情を選択する立場が振り回されてる
    ex)I'm angly→正しくはI feel angly
    →①誰がその感情を選択してるか自身に聞く
    ②なぜ私はこの感情を選択したか考える
    ⚠️悲しみの理由は目の前の出来事ではなく、悲しいことと信じ込んだ自分自身
    ←感情を選択しているのは私
    ←ex)1人で勝手に別れは悪いという固定観念持って、悲しんでるだけ。何を信じても自由なこの宇宙で、より良い出会いの糧と信じずに。
    →なぜ怒ってるか固定観念を見返す
    ex)残業:早く帰るのがよいパパ、デザート:食べるのがよいことと信じ込んでるだけ
    ・正義:特定の誰かにとって都合のいい解釈
    →これすべきもその人の中での話

    〇思い通りに現実を変える、12の方法
    7.信じている反対側を信じれば固定観念は消える
    ・固定観念消し方:歩み寄りの手法
    →観念の真逆に歩み寄る
    ex)真面目はダサい,深層意識:真面目は必要
    →両方を信じれば0になり、持ってた観念が消える
    →真面目を良いとも悪いとも思わず固定観念が解消
    ・表層意識で嫌いと感じてるものは例外なく深層意識で好きだと感じてる
    ←大抵深層意識の意見は他人を使って言わせる
    ←現実に登場するのは全て自分だから

    8.鏡は先に笑わない
    現実は鏡:自分がしたことは全て跳ね返ってくる
    ←現実を変えたい:投影元の自分の考えを先に変える
    ←解釈を変える
    ex)願ってないと思った時は短パンOL
    ←短パン履いたのは自分。現実に起きたのなら自分が信じた。

    9.人間は目の前の現実と違うことを想像できる
    ⚠️出来事には与えられた唯一の意味なんてない
    ←無意味の出来事に人間が意味づけてる
    ex)車ぶつけられる:悲しんだり新車欲しい人は喜ぶ
    ←車潰れるのは同じ反応にも関わらず
    →出来事をどう思うかではなくどう思いたいかが重要
    →想像すること

    10.何が嫌いかではなく何が好きかを口にして想像
    宇宙は否定語が想像できない
    ex)貧乏は嫌,不幸を抜け出すために
    ←この間貧乏について考えてる
    ←想像が宇宙への注文方法やのに
    ←望むこと想像すれば願いは叶うのに

    ⚠️p.156
    人はみな,夢がかなった時の感覚を経験済
    ・どうありたいかワーク
    ①嫌なこと②それならどうしたいか③どうなりたいか④叶ったらどう感じるか⑤結局どうありたいか
    ←人間は嫌なことを考える癖かある
    →嫌なことを想像せず、それならどうしたいかを聞く
    ありたいとはつまり、もう既に私はそうである
    お金とかなくても,理由なくても気付くだけでそれは今すぐに感じられる

    p.174

    幸せを願う人:なぜと聞くと幸せではないから
    ←幸せではないと考え続けてる
    ⚠️→願い方が間違ってる
    ex)神社で単位欲しいってゆう
    →幸せを願って幸せには絶対なれない
    →幸せな人が幸せであり続けるだけ

  • お金と時間の無駄。
    言葉遣いは乱暴で、内容も浅く読むに耐えなかった。

    神様と主人公の会話をメインにストーリーが展開するが、結局、神様も主人公も著者本人。自分の考えを神様の口から語らせるスタイルも傲慢に感じたし、自分の考えを釈迦やイエスキリストのそれと同列に語り、あげくの果てには「ワシの教えが一番すばらしい」と豪語しているあたり、吐き気がした。

    内容はどこかで読んだ自己啓発本の切り貼りしたようなものばかり。似たような内容であれば『思考は現実化する』や『夜と霧』を読んだ方がよい。会話形式でのこの手の本ならば『嫌われる勇気』の方がすんなりと入ってくる。

    人から勧められた本は例外なく読むようにしているので、
    辟易しながら最期まで読んだ。

  • 久々に心揺さぶられる本に出会いました。読んでいくとどんどん気持ちが楽になっていく、幸せに対する考え方や物事に対する観念を見つめ直すことができました。素晴らしい本というのは読んだ後に人を行動に駆り立たせると言いますが、まさしくこの本はその類です。読んだ瞬間に人生がパッと開けて、全ての物事に対する考え方や行動がポジティブになったからです。間違いなくこれまで読んだ中で、読んでよかった本TOP5入りです。

    --------------------------------------------------------
    人を成功、幸せにする人が幸せになっていく
    なりたいと思ってたら一生なれない
    あなたは今そこから映画を見ている
    「いいんだよ」という魔法の言葉

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

沖縄出身。2011年、今や月間200万アクセスを誇るブログ「笑えるスピリチュアル」を開設。斬新な視点が話題となり、またたく間に各種ランキングで1位を獲得。
2014年、全国各地でトークショー&ピアノライブを開催スタート。同年出版した初の著書『神さまとのおしゃべり』(ワニブックス)は20万部を突破。その続編となる『悪魔とのおしゃべり』(サンマーク出版)も8万部を突破し、シリーズ累計で28万部の大ベストセラーとなる。
主な著書に『金持ち指令』(主婦と生活社)、『その名は、バシャール』(ヴォイス)などがある。

「2020年 『0 Lei』 で使われていた紹介文から引用しています。」

さとうみつろうの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
ジェームス W....
岸見 一郎
スペンサー・ジョ...
メンタリストDa...
デールカーネギ...
J・モーティマー...
ジェームズ アレ...
リンダ グラット...
スペンサー ジョ...
ミヒャエル・エン...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×