カササギ殺人事件 上 (創元推理文庫) [Kindle]

  • 東京創元社
3.98
  • (25)
  • (40)
  • (19)
  • (1)
  • (2)
本棚登録 : 304
レビュー : 28
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (339ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ※上下巻の感想です。
    編集者が読んでいる人気推理小説家のシリーズ最新作原稿。上巻は原稿の内容がそのままストーリーとなり、下巻へと続く。そして下巻で衝撃の事実が明らかに。ストーリーは現実と小説の世界がいつのまにか混じり合い、怒涛のラストを迎える。

    上巻で描かれる小説「カササギ殺人事件」はアガサ・クリスティのオマージュ。ミス・マープルシリーズっぽいような、あるいはポアロシリーズの「マギンティ夫人は死んだ」を彷彿とさせる内容だ。クリスティとは違う時代の人間が書いているからか、文体にややぎこちなさを感じるが、平和な村で起こる殺人事件、何かを隠している村人たち、というクリスティあるあるポイントがこれでもかと描かれていて楽しい。
    下巻は一転して現代のロンドンである。編集者の主人公は、探偵ばりに「カササギ殺人事件」の作者を巡る謎を究明していくうち、どんどん深みにはまっていく。

    同じ作者の「メインテーマは殺人」よりもテンポよく読み進めることができた。二つのストーリーを一つの小説で楽しめる贅沢さと、一見別の話がいつのまにかつながってきれいに収束していく爽快さを楽しむことができる。ただ、犯行の動機が私には正直ピンとこず、そこが少し残念なポイントだった。
    とはいえ、著者のクリスティ愛を感じる、クリスティ好きには楽しい小説である。

  • 下巻にまとめた。

  • 編集者が出来上がった推理小説を読む、というオープニング自体から凝った編集で、ん?と思うが、本編がはじまるとクリスティのような50年代のイギリスの田舎を舞台にしたクラシックな推理小説となる。

    殺人事件を巡る田舎の濃厚な人間関係を、名探偵が少しずつ解きほぐしていくが、複雑に絡んだ住人達の思惑が犯人を限定しにくくさせ、伏線も至る所に張ってある。

    とはいえ、どこか牧歌的でノンビリとしているし、丁寧を通り過ぎて冗長な部分もあって物足りない。

    これが話題作?と思いながらも、ラストの一行はなかなかに意味深で、下巻では、この事件(小説)がどのようにオープニングに繋がるのか、そしてどんな謎解きが展開されるのかに期待。

  • 未だ、前半を読み終えたところなので評価や感想を述べるには速いと思うのですが、推理小説好きには堪らない作品ですね。後半にどんな展開が待ち受けているのか楽しみ。

  • 通勤電車の座席に腰掛けると、続きを読もうと真っ先に読書アプリを立ち上げてしまいます。誘惑の多いスマホのアプリ群の中から。
    読めば読むほど新しい情報が得られていきますが、動機がある人間が多いことも分かり、みんな怪しく思えます。
    上巻の最後になると主人公のピュントは犯人が分かっているようです。残りの下巻の展開が気になります。これから読みます。

  • ランクインするだけはある
    探偵さんの関わり方
    小さな村の人間関係
    面白いです

  • 上巻は、小説の中の小説という、珍しいスタイル。
    アガサ・クリスティのポワロを思い出すような、古き良き英国の村で起きた事件を探偵が解決していくというスタイルで、途中ちょっと単調なところもあるが、物語はどんどん進む。登場人物全員が怪しく見えるように描かれているが、さてこれをどう回収していくのか。

  • 話題になっていたので読みました!
    アガサクリスティ好きだったので、懐かしい雰囲気で楽しく読んで、ラストの一行で、え??
    となり、これは早く下巻を読まないと!
    となりました。

  • 上下巻構成、上巻の話の切り方が上手。

  • 序盤はなかなか入り込めなかったが、探偵が登場してからは面白くなってきた。そしてなんという終わりかた!下巻へGO!

全28件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年生まれ。イギリスの作家、脚本家。世界で1900万部の人気を誇る「アレックス・ライダー」シリーズや、コナン・ドイル財団公認のシャーロック・ホームズ・パスティーシュ『絹の家』『モリアーティ』を執筆するなど、多数の著書がある一方、「刑事フォイル」など脚本家として数多くのテレビ・ドラマ作品を手がける。18年『カササギ殺人事件』は年末ミステリランキング4冠を達成。

「2019年 『007 逆襲のトリガー』 で使われていた紹介文から引用しています。」

アンソニー・ホロヴィッツの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
又吉 直樹
村上 春樹
塩田武士
米澤 穂信
ジェイムズ・P・...
今村 昌弘
恩田 陸
劉 慈欣
伊藤 計劃
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

カササギ殺人事件 上 (創元推理文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×