また、同じ夢を見ていた (双葉文庫) [Kindle]

著者 :
  • 双葉社
4.20
  • (4)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 38
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (238ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 誰一人欠かすことはできない

  • "かしこすぎる"わたしが、
    未来の自分に導かれながら、
    幸せについて考える。

    途中でタネはわかる。
    それでも、不思議な余韻の残るお話。

  • 幸せとは何か。その答えをもらえる小説。心が洗われた気がする。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

住野 よる(すみの よる)
高校時代より執筆活動を行っていた。2014年2月ごろ夜野やすみ名義で、様々な賞に落ちてしまった小説「君の膵臓をたべたい」を広く世で読まれてほしいという願いから小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿。同作が話題となり、2015年6月双葉社から書籍化されデビュー。同作が「本屋大賞」2016第2位、「読書メーター読みたい本ランキング」1位、「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2015」1位と高く評価され、売上面でも「2016年年間ベストセラー」総合5位、文芸書1位(トーハン調べ)、「2016年 年間ベストセラー」総合4位・単行本フィクション1位(日販調べ)となり、累計発行部数200万部を突破した。実写版映画が2017年7月28日公開、アニメ映画が2018年公開。
その他作品に、『また、同じ夢を見ていた』『よるのばけもの』『か「」く「」し「」ご「」と「』『青くて痛くて脆い』がある。

また、同じ夢を見ていた (双葉文庫)のその他の作品

また、同じ夢を見ていた 単行本(ソフトカバー) また、同じ夢を見ていた 住野よる
また、同じ夢を見ていた Kindle版 また、同じ夢を見ていた 住野よる

住野よるの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする