有頂天家族

著者 :
制作 : 岡本 寛志  Audible Studios/幻冬舎 
  • Audible Studios/幻冬舎 (2018年8月26日発売)
3.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 2

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うーん。私ファンタジー読み慣れてないので
    トライしてみたけど…やっぱり読みつけなかったなぁ。

    最初はなんか、狸の擬人化…いや逆だ
    現実の何物かを「狸化」?「天狗化」?みたいのか?
    と、思ったり、作者森見登美彦さんの周辺を、ミラクルワールド的に
    装飾した物語かな?とか、想像しながら読んでみたけど。

    私には知識が足りなかったかもしれませんー。
    京都の地理とか、天狗の伝承とか馴染みがないからなー。

    もすこし幻想小説、いろいろ読んでみよかな?とか
    思ったりします。
    いつか、また。すません。

  • アホとあほうと阿呆で最高のファンタジー。携帯を充電できる弟のナイスなこと 

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

森見登美彦(もりみ とみひこ)
1979年奈良県生まれの作家で、京都を舞台にした作品が多い。京都大学農学部卒、同大学院農学研究科修士課程修了。2003年、『太陽の塔』で日本ファンタジーノベル大賞を受賞しデビュー。2006年に『夜は短し歩けよ乙女』で本屋大賞2位、山本周五郎賞などを受賞し注目を集める。2010年『ペンギン・ハイウェイ』で2010年日本SF大賞、2014年『聖なる怠け者の冒険』で第2回京都本大賞、2017年『夜行』で第7回広島本大賞をそれぞれ受賞。2010年に『四畳半神話大系』がTVアニメ化、2018年8月に『ペンギン・ハイウェイ』が劇場アニメ化された。2018年11月に『熱帯』を刊行し、第160回直木賞、2019年本屋大賞にノミネートし、第六回高校生直木賞受賞。

森見登美彦の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

有頂天家族を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする