思い出が消えないうちに [Kindle]

著者 :
  • サンマーク出版
4.08
  • (5)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (317ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 期待の3巻。
    今回も泣かせに来ました。
    でも大丈夫。もう分かってる、泣くことは。
    ちゃんとティッシュを箱ごと
    用意しておきました。

  • 誰もが訪れる人の死と向き合うコト。

    「人の死が不幸の原因になってはいけない」

    その通りだけど、
    これからどう生きていけばいいか、
    今のままで良いのか、
    いい考えは思いつかないけれど
    自分、そして家族との時間は有限ではない。
    わたしの中で何か変わったのは確か。

  • 今回もジーンとくるお話ばかりです。泣けました。生きることの大切さを感じます。
    人は必ず幸せになるために生まれてきているのだから・・・

  • 今回も泣きました!
    特に、第4話!
    涙なしには読めない!

    場所を函館にある「喫茶ドナドナ」に移して、
    四つの物語が展開。

    過去に戻るためのたくさんの面倒くさいルール…
    未来を帰ることができないのに、なぜ過去に戻るのか?
    物語を読み進め、登場人物たちと共に考えるうちに、
    その答えが自然と導き出されてきます。

    幸か不幸か、
    私には過去に戻って伝えるべきことはないけれど、
    色々と考えさせられました…
    とりあえず、後悔のないように今を生きよう!

  • シリーズ3作目は、『コーヒーが冷めないうちに』の最後の話である計が時間移動した未来の話の続きから。一番読んでみたい内容だった。相変わらず泣ける話が4話からなっているが、シリーズも3作品目にもなると話の展開が少しは読めるようになってきてしまった。とはいうものの、作者は読者が泣ける心のポイントを確実に突いてくるので、わかっていても泣けてしまう。結末の展開から、まだ続編が出される予感がする。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

川口 俊和(かわぐち としかず)
大阪府茨木市出身。1971年生まれ。元・劇団音速かたつむり脚本家兼演出家。代表作は「COUPLE」「夕焼けの唄」「family time」等。本作の元となった舞台、1110プロヂュース公演「コーヒーが冷めないうちに」で、第10回杉並演劇祭大賞を受賞。『コーヒーが冷めないうちに』で小説家デビュー。続編として『この嘘がばれないうちに』が刊行され、最新刊『思い出が消えないうちに』も2018年9月19日に発売。
『コーヒーが冷めないうちに』はヒット作となり本屋大賞にもノミネート。映画化され2018年9月21日に公開。

思い出が消えないうちにのその他の作品

思い出が消えないうちに 単行本(ソフトカバー) 思い出が消えないうちに 川口俊和

川口俊和の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする