七月に流れる花 (講談社タイガ) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.67
  • (1)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (131ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 短くさくっと読めました。夏休みと子どもはとてもいい雰囲気が出ます。しっかりとしたミステリーかなと思いきや、悲しい話でした。

  • 雰囲気だけでも好きになれた。子供っぽい恐怖に、懐かしさを感じられる。

  • 久々に読んだ恩田陸。こういうクローズドな空間の学園モノ、やっぱり好きです。大人と子供の間の少女たちのみずみずしさというか、透明感というか。
    対?になるものまで読んで判断したい。

  • 『八月は冷たい城』と共に読了。

    それぞれの話は少し短めですが、真実を知らない側と知っている側、それぞれの恐ろしさと切なさがグッとくる。

    でも、少し物足りなかったかなぁ…。

  • 初読。kindle。初期の少年少女を描いた作品を思い出させる雰囲気。謎があり、個性的な大人びた子供がいて、ラストは勇気をもって未来に踏み出していく。少女たちが林間学校に集められた原因となる設定も面白いし、残された謎も多くてまだまだ続編が書けそう。

  • 二作で対になる恩田陸作品と聞いて購入。

    前半の謎が謎を呼ぶルールと主人公の動揺が良い。
    また、終盤で複数の謎の回収と残りの謎の次作品への引き継ぎがきれいにできているので、安心した。

    「朝日のようにさわやかに」に入ってる「淋しいお城」を読み返したい。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

1964年宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』で、「日本ファンタジーノベル大賞」の最終候補作となり、デビュー。2005年『夜のピクニック』で「吉川英治文学新人賞」および「本屋大賞」、06年『ユージニア』で「日本推理作家協会賞」、07年『中庭の出来事』で「山本周五郎賞」、17年『蜜蜂と遠雷』で「直木賞」「本屋大賞」を受賞する。その他著書に、『ブラック・ベルベット』『なんとかしなくちゃ。青雲編』『鈍色幻視行』等がある。

恩田陸の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×