バカとつき合うな [Kindle]

  • 徳間書店
4.00
  • (8)
  • (7)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 83
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (208ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コピーを付けるとすると、
    「あなたのやりたいことへのブレーキを、しっかりと壊してくれる本」
    です。

    想像力は情報量。人生を運任せにしないということは、情報を集めるということ。

    我慢してやる仕事はやるな。AIに我慢という概念はない。我慢できないほどやりたいという欲望する力。学校教育でやりたいことを欲望する力を去勢させられる。

    知識→行動ではない。行動→知識だ。

    1万時間つぎ込めば100人に一人になれる。それを3つ作れば、100万人に一人のレアカード人材になれる。

    にわかの必要性を理解しなければ、その文化・スポーツの発展を妨げることになる。

    善意の押し付け。独善的。自己満足。善いことをするときは慎重に。思考停止しないで、人のためになる独善を。善や正義は怖いもの。

    どうやったら老害にならないか。放っておいたら老害になる。若いうちから譲り癖を付けること。ポジションにしがみつかなくていいように。

    真の現在を生きる。今、ワクワクすることに熱心に生きる。過去と未来ではない時間を現在と把握することは、偽の現在である。

  • ホリエモンも西野さんの本も読むのは初めてでした。
    とっっても面白かった!
    なんて言うか、痛快。
    「○○な人はバカです」って、
    バカをこんなに連呼する本も他にないでしょう(笑)

    ただ、本文でも書かれているけど
    バカな「人」を否定しているワケではなく、
    バカな「思考」や「行動」または「行動をしないこと」を否定している。

    「思考停止」に陥っている人たちへ警鐘を鳴らしており
    思考や行動は変えられるというメッセージを感じた。

  • 要は古い考えで生産性ないし身にもならん人と付き合っていても自分の人生悪くするだけよ、というお話を色々なパターンから話してます。

    気づかぬうちに自分もそういう考えになっていることもあるので、色々みつつ自分の思うままに生きていきたい。

  • 読んでみると、うんうんと納得できる。自分は毎日、この本でいう色んなバカと付き合って、たくさんの時間と労力を浪費しているんだと思わされる。自分の中にあるモヤっとした人間関係の人をスパっと割り切るキッカケになる。でも、この本はきっとそこから一歩前へ進むための内容になっているから、スパッと切ったらポーンとジャンプしたい。そんな気分。

  • 現代の8割超えがサラリーマンやってる。自分の時間を他者にとられて、気づいたら子供の頃からそうだったのだな。我慢することには得意になって、本当にやりたい事をできないでいるバカにならない生き方を選択したいと思う。

  • 読みやすい本黄金コンビの本。1時間くらいで読破できるのでまさに無駄なく理解できる。常々の2人の発言のまとめって要素は強いけど、笑いを大切にする芸人に対しての考え方と、組織人と個人を自由に横断できる時代、には共感というか、言語化できるのすげー。とりあえず頑張る上での人間関係に疲れたら読み直そう

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

■堀江 貴文(ホリエ タカフミ)
1972年福岡県生まれ。実業家。
SNS media&consulting株式会社ファウンダー。
現在は自身が手掛けるロケットエンジン開発を中心に、スマホアプリのプロデュースを手掛けるなど幅広い活躍をみせる。
主な著作に『多動力』(幻冬舎)、『僕たちはもう働かなくていい』(小学館新書)、『10年後の仕事図鑑』(共著・落合陽一/SBクリエイティブ)などがある。

「2019年 『小説 多動力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

バカとつき合うなのその他の作品

バカとつき合うな 単行本 バカとつき合うな 堀江貴文

堀江貴文の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする