ゲンロンβ29 [Kindle]

  • 株式会社ゲンロン
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 東浩紀の否定神学批判は思弁的実在論の先取り。物自体(カント)にはアクセス出来ないが、その不可能なものに支えられて主体が組織化する。(否定神学システム)
    その不可能なもののさらなる外部、もうひとつの外部を探求する試み。
    思弁的実在論は「ままならない外部性」を扱うもの。(千葉雅也)
    人文学の本質を解釈によって他者を多様にすることとするならば、それに対して思弁的実在論は、そもそも解釈しようのないものが圧倒的なレベルで存在すること。
    哲学の歴史において「素朴な物質性」に直面することは、不可能なものに直面することという別な問題にすり替わることが反復されてきた。人間の主体性を規定している世俗的な物質性を、その外部性を維持したまま哲学的な言葉でどう語るのか。それが東浩紀の著作に一貫している思想。
    身もふたもない物質性に問題をしぼっている。
    なぜ東浩紀が聴衆の前で話すのか、それは哲学は不可能なものに直面すべきだと主張しながら、哲学をしてる限り不可能には絶対直面できないから。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

東浩紀(あずま ひろき)
1971年東京生まれ。批評家・作家。ゲンロン代表。東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了(学術博士)。専門は哲学、表象文化論、情報社会論。
著書に『存在論的、郵便的』(サントリー学芸賞思想・歴史部門)、『動物化するポストモダン』、『クォンタム・ファミリーズ』(第23回三島由紀夫賞受賞作)、『一般意志2.0』、『弱いつながり』(紀伊國屋じんぶん大賞2015受賞作)ほか多数。『ゲンロン0 観光客の哲学』は第5回ブクログ大賞人文書部門、第71回毎日出版文化賞受賞作。

東浩紀の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ゲンロンβ29を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする