自分を好きになりたい。 自己肯定感を上げるためにやってみたこと (幻冬舎単行本) [Kindle]

  • 幻冬舎
3.80
  • (4)
  • (8)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 61
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (115ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 自分を愛することがすべての始まり♪

  • 精神的に辛いことが続き、前から気になっていたこちらを購入。
    文じゃなく漫画なら、少しは読めるかなというのもあり。
    漫画なのであっという間にすぐに読めるのが良い。

    読んでみると頷ける箇所が多々ある。
    自分が嫌いだったりいっぱいいっぱいだから他人に優しくできなかったり、
    同じく子供が嫌いだったり。

    自分が自分をいじめているにも納得。
    多分そうすることでどこかで自分を守っていたのだと。

    ぽんさんみたいに少しずつ変われれば良いなと思った。


    追記:読んだときはふーん、で終わってしまったが、
    その後じわじわと効いてきて、うつの状態から少し動けるくらいに。
    他の皆さんのレビューにもありますが、
    旦那さんの、人を憎んだままでも幸せになっていい、というのが目からうろこで、徐々に自分の精神が良くなりつつあります。
    この部分だけでも、こちらの本を購入して読む価値があります。

  • 読んでいたら不思議に涙が出てきて驚いた。著者のほどではないにせよ、私の母も毒親気味ではあったけれど、何か共感するものがあったのだろうか。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

漫画家。山形県出身。第6回コミックエッセイプチ大賞を受賞しデビュー。著書に、AVなど成人男性向け商品を取り扱う古本屋の女性店長を務めた経験をコミカルに描いた『桃色書店へようこそ』、作画を手掛けた『隠すだけ! 貯金術』『家計簿いらずの年間100万円! 貯金術』、自身のダイエット経験を綿密に描き大ヒットとなった『スリム美人の生活習慣を真似したら 1年間で30キロ痩せました』『もっと! スリム美人の生活習慣を真似したら リバウンドしないでさらに5キロ痩せました』『初公開! スリム美人の生活習慣を真似して痩せるノート術』、汚部屋脱出の体験を描いた『ダメな自分を認めたら 部屋がキレイになりました』『面倒くさがりの自分を認めたら 部屋がもっとキレイになりました』、身近なモノコトを減らす生活を描いた『やめてみた。』『もっと、やめてみた。』、「自分のことが嫌い」という感情を克服していく過程を描いた『自分を好きになりたい。』などがある。

「2020年 『さらに、やめてみた。 自分のままで生きられるようになる、暮らし方・考え方』 で使われていた紹介文から引用しています。」

わたなべぽんの作品

ツイートする
×