愛するということ 新訳版 [Kindle]

制作 : 鈴木晶 
  • 紀伊國屋書店
4.50
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (157ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「自由からの逃走」で有名なエーリッヒ・フロムの著書。愛を技術であるという前提のもと、その知識や努力の仕方について考察している一冊。たいていの人は愛を、愛する能力ではなく、愛される野力として捉えている。つまり、人々にとって重要なのは「どうすれば愛されるか」「どうすれば愛される人間になるのか」ということである。しかし、著者は愛を技術と捉え「どうすれば人を愛せるようになるのか」という能動的な活動であると述べている。

    まず愛の種類について議論されている。親子の愛(父性愛、母性愛)、次に異性愛(LGBTQ+の世代には違和感があるが)、そして自己愛、最後に神への愛である。それぞれにおいて、愛とはどういうものか、その根源や特徴を分類している。

    次に西欧社会、資本主義社会における愛の崩壊である。西欧社会では人間関係が崩壊し、ロボットのように扱われ、お互いに孤立した状態に追い込まれている。そこでは孤独感や疎外感を紛らわすために、愛ですら交換可能な資源と捉えられ、消費されている。この愛の形は、現実の苦しさや孤独感をやわらげる麻薬のはたらきをしている。

    では、愛の技術をどのように磨けばいいのだろうか。愛することは個人的な経験であり、自分で経験する以外にそれを経験す方法はない。どんな技術であれ、それに熟達したかったら、自分の全生活をそれに捧げなければならない。少なくとも生活全体を愛の習練と感れづけなければ、身につかない。

    愛の技術の習練には「信じる」ことの習練が必要である。この「信じる」は、自分自身の経験や自分の思考力・観察力・判断力に対する自身に根ざしているものである。ある権威や多数の人々がそう言っているからという理由で何かを真理として受け入れることではない。自分や他人を「信じている」ものだけが愛することができる。自分は将来も現在と同じであり、自分の予想通りに感じ、行動するだろうと確信をもてるからこそ、他人に対して誠実になることができる。

    そして「信じる」ことには、勇気も必要である。安全と安定こそが人生の第一条件だという人は「信じる」ことができない。防御システムをつくりあげ、そのなかに閉じこもり、他人と距離をおき、自分の所有物にしがみつく。自分で自分を囚人にしてしまう。信じることは、思い切ってジャンプし、大事なものに全てをかける勇気が必要である。

    著者は結論として、次のように述べている。「愛するということは、なんの保証もないに行動を起こすことであり、こちらが愛せばきっと相手の心にも愛が生まれるだろうという希望に、全面的に自分を委ねることである。愛とは信念の行為であり、わずかな信念しか持っていない人は、わずかしか愛することができない。」と。

    私は、家族はもちろん、友人、同僚と交際し、信頼を気づく行為はまさしく愛するということであると思う。個人の意思やチームワーク、多様性のある社会など人間関係の重要性がますます増している現代には、愛する技術が必要だと考える。

  • 「愛するということ」。
    この大層なタイトル・・・
    「愛は技術である」という主張。「恋に落ちる」ように、先天的に、まっとうな対象が現れれば愛は簡単に実現する、ということが勘違いであるという主張は本当に目から鱗という気持ち。
    ここ数年で読んだ本で一番刺さりました。
    正直、かなり面白かったです。

    この本が50年以上前に書かれているという事実・・・
    文体がそれで、多分新フロイト派?ということで哲学者の話も入ってきて若干読むの大変ですが、読み飛ばしながらでもぜひ読みたい一冊です。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

エーリッヒ・フロム (Erich From)
1900年ドイツ・フランクフルト生まれ。フロイト理論にマルクスやヴェーバーを接合して精神分析に社会的視点をもたらし、いわゆる「新フロイト派」の代表的存在とされた。また、真に人間的な生活を可能にする社会的条件を終生にわたって追求したヒューマニストとしても有名である。しだいに、禅や東洋思想へも関心を深めた。
著書に、『愛するということ』『悪について』『生きるということ』『フロイトを超えて』『希望の革命』『反抗と自由』『人生と愛』『破壊』(以上、紀伊國屋書店)ほか多数。1980年歿。

「2016年 『ワイマールからヒトラーへ〈新装版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

愛するということ 新訳版のその他の作品

愛するということ 新訳版 単行本 愛するということ 新訳版 エーリッヒ・フロム

エーリッヒ・フロムの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする