八月は冷たい城 (講談社タイガ) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.87
  • (2)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 56
感想 : 5
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (142ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 少年たちが家族の死に向き合って過ごした夏の物語

    自分は最後のセリフに鳥肌が立ってしまった。
    これが怖くてなのか感動したからなのかはわからないんだけどね。

  • 序章を思い出して、ゾッとした。辛いことを扱うための、儀式は大切。

  • 対になっている七月はミステリとしてもダークファンタジーとしても正直物足りなく感じていたが、八月を読んだら全体が完成された。私の好きな恩田陸ワールド。

  • 初読。kindle。『七月に流れる花』の隣の物語。同じ設定で違う謎をつくるのは大変そう。設定もさらに進化させていて、ますます「九月」ができるといいな。少年と少女の対比もいいが、混合チームならまた違った物語ができそう。

  • 実質「七月に流れる花」の続編。
    前作の世界観、時系列を引き継ぎつつも
    新たな疑念にもやもやする話。

    ラストのみどりおとこの真相については、
    賛否はともかく一応クローズしているのですっきりした。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

1964年宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』で、「日本ファンタジーノベル大賞」の最終候補作となり、デビュー。2005年『夜のピクニック』で「吉川英治文学新人賞」および「本屋大賞」、06年『ユージニア』で「日本推理作家協会賞」、07年『中庭の出来事』で「山本周五郎賞」、17年『蜜蜂と遠雷』で「直木賞」「本屋大賞」を受賞する。その他著書に、『ブラック・ベルベット』『なんとかしなくちゃ。青雲編』『鈍色幻視行』等がある。

恩田陸の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×