FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実 (日本経済新聞出版) [Kindle]

  • 日経BP
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (539ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ”泡沫候補”と言われながらも選挙戦を勝ち抜き、アメリカ大統領に就任したドナルド・トランプ。
    過激な発言は選挙のため、という見方もありましたが、就任後もその言動は変わらず、米国のみならず世界を揺らし続けています。
     
    かたや、政権の中枢メンバーの入れ替わりが激しく、「どのようなことが起こっているのだろう、これからどうなっていくのだろう」と、不安と興味が入り混じった視線を集め続けています。
     
    そんなトランプ政権の内幕が書かれた本が出版されていること、そしてその著者が、歴代の米国大統領の評伝を書いてきた著名な記者であることを知り、読むことにしました。
     
    レポートは、トランプが大統領選挙で争っているシーンから始まります。
    そして本人ですら、「当選後」のことを考えていなかったという、まさかの結果。
    大統領就任後、人事や政策の検討がどのように行われていったかへと、話が進みます。
     
    国の指揮をとるようになった後は、前政権から残る宿題、自らが引き起こしたスキャンダル等々、次々と巻き起こる課題に対峙する姿が描かれていきます。
     
    各方面への取材の成果か、ホワイトハウス内部での会話を含め、政権の中枢人物たちの言動が生々しく再現されています。
    アメリカ大統領、特にトランプという人の周りでは、次々といろいろなことが起こるのだなあと、ただただ驚くばかりでした。
     
    そしてトランプ大統領に関する記述については、特に以下の点が印象に残りました。
     
    ・ニュースなどで伝えられて通り、もしくはそれ以上に、感情の振れ幅が大きい人物であること
    ・彼のツイッターは、広報担当などによるものではなく彼自身が発信しており、周りの人たちも困っていること
    ・北朝鮮、アフガニスタン、シリアなど、前政権が残した「負の遺産」が小さくなかったこと
     
    「入念に検討し、ルール通りの手順で意思決定する」という考えがない/嫌いなトランプ。
    このような人を相手にしていると、誰もが短期間で消耗してしまうのだと、本書を読んで理解しました。
     
    「相手を動かすこと」を目的に、行動する大統領。
     
    その評価は時間が経ってから行われると思いますが、同時代に生きている人間として、彼の言動には今後も、注目していきたいと思います。
     
    同じカテゴリーの本;
    『トレバー・ノア 生まれたことが犯罪!?』トレバー・ノア
    https://booklog.jp/users/makabe38/archives/1/B07CMZRPXD
     
     .

  • 抑制的な内容だが、端々に危機感がにじみ出る。本質的に大統領の器ではないことは明らかだが、言動にはトランプなりのロジックがあるという事。どんな部下も採用する時は思いっきり持ち上げておいて、やめるとなったらこき下ろすと言うのはなかなかあからさまだと思うが、そういう上司って時々いるなあと、我が身の周りを振り返ってしまった。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

ボブ・ウッドワード(Bob Woodward)
1943年生まれのジャーナリスト。47年にわたりワシントン・ポスト紙の記者、編集者を務める。現在は同紙アソシエイト・エディター。
ウォーターゲート事件に関する報道でカール・バーンスタインと共にピュリツァー賞を受賞し、調査報道で有名に。また2003年には9・11同時多発テロ攻撃に関する報道で二度目のピュリツァー賞を受賞。共著を含めた18冊の著作すべてが、ノンフィクション書籍のベストセラーリスト入りを果たしている。そのうち12冊は、全米№1ベストセラーとなった。
2018年に刊行したトランプ政権の暴露本 "Fear: Trump in the White House" が全米で話題になり、日本でも『恐怖の男 トランプ政権の真実』の題で2018年12月邦訳刊行が明らかになった。

ボブ・ウッドワードの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする