未来を読む AIと格差は世界を滅ぼすか (PHP新書) [Kindle]

  • PHP研究所
3.55
  • (0)
  • (6)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (205ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 世界の著名人に、未来についてインタビューし、纏めた本で、特にジャレド・ダイヤモンドさん、ユヴァル・ノア・ハラリさん、リンダ・グラットンさんの話に興味があり、読んでみた。
    インタビューはいずれも興味深く、未来がどうなるかは誰にはわからないものの将来現実となりそうな内容であり、未来についてイメージをし、未来に向けて、いろいろな手を打っていく為の一助になる本だと感じた。

  • 有名人に未来についてどう考えているかインタビューした本。ジャレド・ダイアモンドとユヴァル・ノア・ハラリがいたので購入。日本人によるインタビューなので、これからの日本についてどう思うかなんて話もある。

    多数の人間が幸福に暮らす未来を作るには、税をうまく制度設計するしかないのではと思ってしまう。AI技術が発達するにつれ、より少数の人間が総取りできるようになる。そうなった時、大多数の人間はどうやって「普通の幸せ」を得られるようになるのか。やはり再分配をうまくやるしかないのではないか。それは国単位ではなく、グローバルな制度を作る必要があるだろう。

    とはいえ本書で語られるのは「格差」とは主に先進国内での格差である。(ジャレド・ダイアモンドは国家間の格差について語っているが。) 先進国の中流層が没落していくことで、格差が広がるという考え方だ。しかし視野を地球全体に広げてみると、先進国と発展途上国の差の方が問題であり、それは年々縮まってきている。それも発展途上国側が上昇する形で。国家間の差が無くなった後にどうなのか、それが気になる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

カリフォルニア大学ロサンゼルス校地理学教授
1937年ボストン生まれ。ハーバード大学で生物学、ケンブリッジ大学で生理学を修めるが、やがてその研究領域は進化生物学、鳥類学、人類生態学へと発展していく。カリフォルニア大学ロサンゼルス校医学部生理学教授を経て、同校地理学教授。アメリカ科学アカデミー、アメリカ芸術科学アカデミー、アメリカ哲学協会会員。アメリカ国家科学賞、タイラー賞、コスモス賞、ピュリツァー賞など受賞多数。

「2020年 『危機と人類(下)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジャレド・ダイアモンドの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジャレド ダイア...
リンダ グラット...
ジャレド・ダイア...
アンデシュ・ハン...
ジャレド・ダイア...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×