メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book) [Kindle]

著者 :
  • 幻冬舎
3.85
  • (92)
  • (155)
  • (103)
  • (17)
  • (4)
本棚登録 : 1611
レビュー : 175
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (222ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 僕もまあまあメモは取る方ですがここまで突き詰めて考えたことはありませんでした。

    本書ではメモは「記録」ではなく「知的生産」のために取るとあります。
    ①アイデアを生み出せるようになる(知的生産性の向上)
    ②情報を「素通り」しなくなる(情報獲得の伝導率向上)
    ③相手の「より深い話」を聞き出せる(傾聴能力の向上)
    ④話の骨組みがわかるようになる(構造化能力の向上)
    ⑤曖昧な感覚や概念を言葉にできるようになる(言語化能力の向上)
    意識してやっていたわけではないですがふわっと考えてたことも改めて文字になると理解が深まります。

    「ファクト→抽象化→転用という最強のフレームワーク」
    ①インプットした「ファクト」をもとに
    ②気づきを応用可能な粒度に「抽象化」し、
    ③自らのアクションに「転用」する
    さらにいうと
    ①具体情報を正確に受け取る
    ②①から「他に転用可能な」要素(気づき 背景 法則 特徴など)を抽出
    ③②をさらに別の何か具体的なものに転用
    という形でサイクルを回すとのことです。

    この本を読んで改めて思ったことは
    「メモを取る」
    だけでなく
    「考えてメモを取る」
    ことが重要なんやなあと。

    たしかにフッと思ったことをメモしておくことで潜在意識を顕在化することができます。
    そのあと深掘りすれば実践にも繋がることと思います。
    自分の中でやれてたかなあと思うところで不十分なところを指摘されたような気がします。

  • メモの 素晴らしさは 知ってはいましたが。

    こんな かた いるんですね。

    私は メモは 忘れないため。

    頭の中から 忘れても 良いので メモをしていました。

    しかし

    この本を読んで。

    そのメモを 抽象化して

    かつ 自分の行動に落とし込む。

    そして 行動に移す。

    行動に 移さないと 意味がないですね。

    いいこと 聞いたで 

    終わっては いけないということです。

    忘れたころに

    もう一度 読んでみたいですね。

  • 【感想】
    SHOWROOM前田裕二社長が書いたメモに関する一冊。狂ったようにメモを取る必要とは一体何か。それは、記録としてではなく、知的生産のためである。聞いたことを文字を起こし、そこから、抽象化→転用を繰り返す。少しばかり発展的な内容になるが、メモを取り、そこから何を考えられるか、メタ認知の点から書いてみるのである。
    【アクションプラン】
    ・毎日書いているノートに抽象→転用を加える。
    ・記録+考えを書いていく。
    ・過去のノートを振り返り、今のノートにアップデートし、実行する。

  • メモの取り方というよりは思考の深め方がよく理解できた。
    ノートではなくメモにした理由はより手軽に、より簡易的に書くことで習慣化する事を狙ったのではないかと推察される。
    『世界一やさしい「やりたいこと」のみつけかた』と併せて読むと、より理解が進む。
    本書で解説されている内容はあらゆる創造のきっかけとなると感じた。
    私はアナログよりデジタル派なのでスマホのメモを活用したいと思う。

  • ・メモを取りながら聞くと相手もノリノリで話してくれる
    →この視点はなかったな
    →確かに熱心に聞いてくれてる気がして自分だったら嬉しいな
    ・ファクト→抽象化→転用のフレームワーク
    →具体と抽象の行き来を大量にこなせる
    →これが習慣になってたら怖いものない
    ・これからはアジェンダを持っている人が豊かになる
    →やりたいことや美意識がはっきりしているほど豊か
    →超納得した
    →はっきりさせなきゃ
    ・原体験が強烈
    →印象的なエピソードから人を集める力が生まれている
    →強力な原動力
    →彼の魅力はここから来てるんだろうな
    ・ノートの使い方
    →シンプルだけどこれを使いこなせる人はほとんどいないだろうな
    →これを読んだ人の中で実践している人は1%未満なのでは

    前田さん好きだなぁ。
    人柄の良さが溢れる文章を書けるようになりたいね。

  • すごく評判のいい本ということで、読んでみました。
    How to本は卒業した!ということで、意識的に読まないようにしていましたが、昨年読んだ「鬼速PDCA」から、話題の本は簡単にでも目を通しておかないと、損しちゃうこともあるかも‥と思いまして、読んでみました。

    私もわりとメモするほうです。
    気になったこと、面白いと思ったこと、仕事で使えると思ったことなど。

    著者はそれをさらに深く掘り下げていて、Why(なぜそうなのか?)、How(どのように使えるか)といった視点まで出しているとのことで、なるほど〜と思い、私もそこまでやることを意識するようになりました。
    特に、自分がいいと感じたものを、なぜそう感じたか?を考えるのは、大学でデザインを学んでいる私にとって、言語化することで見えてくるものが多々あるようです。

    やや繰り返しの部分が多いので、そこを著者の熱い想いと取るか、冗長だと思うかで評価が分かれそうな本でもありました。

  • 【目的】思考整理力を向上させるため
    【感想】私は今まで10年間PDCAサイクルに基づいたオリジナルのノートをつけてきました。その目的は①物事の本質を見抜くため②効率よく時間管理をするため③生産的なアウトプットをするため④話す力を磨くため(出来事を簡潔かつ明瞭に分かりやすく伝える、自分の心の中のモヤモヤをちゃんと他人に説明できる等)でした。
     ①②③に関しては、当時よりも力はついている実感はありました。しかし④になるとそれほど成長は感じれずにいました。
     しかし本書を読んで、私に足りなかったのは「抽象化」(物事を簡単にまとめる力、客観的に捉える力)だと気付かされました。今までのノート付けではタスク管理は上手にできたとしても、抽象化のレベルまで踏み込んでいないためただの記録止まりであり、相手に説明できるレベルまで落とし込めていなかった自分に気づきました。
     私は本書を、タスク管理やアイデアの創造だけでなく、会話にコンプレックスのある方にもお勧めできる本だと思います。

  • これは深い。単なる「メモをした方がいいよ」の本じゃない。
    仕事の中ではもちろんメモを取ることが多い。
    多くは物事を忘れないために、外部記憶としての活用だ。
    今日の予定表もしかり、やることリストもしかり、会議の議事録もしかり。
    ここで著者が言う「メモ」は意味が違う。
    イメージで言うと「連想して、深堀していく作業」のことだ。
    決して、単なる「記録」ではないところがミソ。
    どういう風にメモを活用して深堀りしていくのかの詳細は、この本を読んだ方がいいとして。
    簡単に言うと、「なぜ?(どういうことか?)」「でどうする?(解決策のアイディア出し)」を繰り返すこと。
    これを、就職活動の時の自己分析で徹底的にやったらしい。
    たった100問に答えるだけでも、相当に自分の事を知ることが出来る。
    (著者は1000問くらい、ノート30冊分もやったらしいが)
    そう、自分が思っている以上に、案外自分の事を知らないものなのだ。
    だから就職面接でも質問されると答えられない。
    よく人間の幅を「薄い」「深い」で表現したりする。
    まさに「どれだけ深く内省しているか」が、人間の(懐とか人格の)深さのような気がする。
    頭で考えて空想することもいい事だが、メモとしてアウトプットする事に意味がある。
    書け!書け!書け!
    著者の叫びが聞こえてきそうだ。
    これは最早修行とも言えるのではないか?
    深く「内省」することで、「悟り」が開けるくらいまでいけるのではないか?
    薄っぺらい人間にならないためにも、是非に実践していきたい。
    (2019/3/10)

  • ダメだ、読めない。わかりにくい。
    日頃からメモをとる重要性を感じているし、話題の人だし、で、期待して読み進めたが、メモの書き方をもっと図でわかりやすく教えてもらいたい。
    抽象的で理解できない。

  • メモの素晴らしいさ。メモを残すことにより情報を素通りしてしまうことを無くす。
    一日で人は多くの情報を仕入れられるはずなのに、そのほとんどを見逃してしまう。
    当たり前かもしれないが、非常にもったいないことだと思った。
    メモをすることにより、情報が入るだけでなく、脳に無理やり入れる必要がない。
    メモに情報が入る分、脳はもっとクリエイティブなことに使える。
    ステージをあげるうえでシンプルだが、最もな近道。

全175件中 1 - 10件を表示

前田裕二の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
稲盛和夫
佐々木 圭一
岸見 一郎
デールカーネギ...
有効な右矢印 無効な右矢印

メモの魔力 -The Magic of Memos- (NewsPicks Book)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×