FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣 [Kindle]

  • 日経BP
4.40
  • (82)
  • (42)
  • (21)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 728
レビュー : 66
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (443ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 世界では貧困が減少し、男女の平等化も進み、経済格差も減少、オゾン層問題は着実に解決へと進んでおり、石油流出のような大規模な環境汚染や航空機の事故も発生が減っている。世界は総じて、良くなってきているーこれがデータを基に見たこの数十年の世界情勢の変化。
    一般大衆の理解やメディアで語られる世界とは異なっていて、世の中の”賢い”人たちの多くがその事実を誤認しています。
    本書は”事実に基づいた理解が進まないのはなぜか、それを克服し、正しく今ある問題を捉えるにはどうすべきか”を語ります。

    事実に基づいた理解が進まないのは、それを妨げるような本能が人類に残っているから。分断(2分化)、ネガティヴ、直線化、恐怖心、過大視、パターン化、宿命論、単純化、犯人探し、焦り。
    著者は医者で、アフリカをはじめとする医療制度が不十分な複数の国で医療に当たってきた経験があります。
    非常にパワフルかつ聡明な著者は、時に人々を救うため、目の前の患者に全力を尽くすのではなく、多くを見据え、「広く浅く」の決断をします。(「過大視本能」を参照)
    また小児の生存率改善や教育格差改善のためには、病院の数や学校の数など教育制度といった直接的な答えでなく、インフラ整備(道路や電気)が効果的とも訴える。

    著者が言いたいことは、決して「人類の愚かさ」のような悲観論でも「問題は解決されたと思っていい」という楽観論でもなく、データを正しく見ることで、実現できる施策があり、実現されてきた施策の評価を正しくできる、ということ。

    「印象や本能でなく、事実を見よう、そして行動しよう」という当たり前だけれど難しいことを、どうやったらできるのか?を示してくれていると思います。謙虚に、知識と知恵をつけないとな、と思いました。読んでよかったです

  • いかに中高時代で培われた過去のイメージの中で生きてしまっているか。世界はゆっくりと、でも確実に変わっているのに、イメージがアップデートできていないことに気づく。それをデータで提示されると、ぐうとなる。
    10の思い込みを読み進めるうちに、データ感覚がアップデートされていく。
    ***
    例えば、2050年の人口や、二酸化炭素濃度がどうといった予測データは、変数が限られているためあまり覆ることはなく、今日の株価、家庭や職場で起きることは毎日覆っていく。
    「だいたい世界はこっちに進むよね」のデータをアップデートした上で、今、何のために何をどう判断するのか。
    ***
    「オフィスが狭いです」みたいな感覚値に対して、在籍人数を出してみたら、人が増えていないということもあったりして、データという片輪が外れていたことに気づく今日この頃。

  • 本書では世界の本当の姿を知るために、教育、貧困、環境、エネルギー、人口など幅広い分野を取り上げている。いずれも最新の統計データを紹介しながら、世界の正しい見方を紹介している。

  • 日々いろんなことが起こっているが、平均すれば人類は概ね良い方向に向かっていると思う。そうでなかったら、人類はもうとっくに絶滅しているはずだ。今まで生きながらえてきているということは、かろうじてかもしれないが、少なくとも自滅はしなかったということだ。

    ニュースはインパクトのある悪いニュースをより報道するので世の中は悪くなっていると思いがちだがそんなことはない。悪いこともあるが、良いこともたくさんある。(おそらく悪いことより少しだけ多く)

  • 「ファクトフルネス」そのタイトルから、世界の不都合な真実を扱うような書籍だと勘違いしていた。それこそこの本で紹介されるいくつかの本能、バイアスによってそのような勘違いが生じていたわけだ。

    いかにバイアスのかかった認識をしているか紹介し、
    なぜそのようなバイアスがかかるのかを人類の本能に照らし合わせて解説している。
    あくまでデータドリブンに、メタ的に認知しながら物事と向き合う。

    偏った認知により引き起こされた悲劇は痛ましく、ファクトを知ること、また変化する時代の中でファクトを更新し続けることの重要性を感じる。

  • 人の「思い込み」に気づかされる。
    fact は正確に把握する必要がある。
    ただ、「思い込み」によって世の中が動いていることも事実のように思える。

  • 世界を正しく捉えることの難しさについて書かれた本のようでいて、実は自分自身が謙虚でいることがいかに難しいかを教えられた本でした。身に覚えのある過ちがいくつも挙げられていて、妙に共感してしまいました。
    そして、事実をきちんと捉えられるようになりたい、と前向きな気持ちにさせてくれる本でもあります。

  • 年齢を重ねるにつれて、過去の経験や知識をベースに、ものごとを「パターン化」して見てしまっているなあと、反省しています。
    この本は、「事実に基づいた世界の見方を広める」という財団を運営している、スェーデン生まれの著者による一冊。
     
    イントロダクションに、13の質問があります。
    その質問に対する、自分の正解率の低さにまず、驚いてしまいました。
    そして著者は、多くの人が"チンパンジー以下"の回答率になってしまうのは、知識不足、そして物事に対する認識の仕方に問題がある、と言っています。
     
    その上で10の章に分けて、人間が陥りやすい認識の間違いを、解説しています。
     
    最初の「分断本能」については、所得を例に挙げて、二項対立的な見方を否定しています。
    著者が提示するデータを見て、マスコミなどの報道では必要以上に、“格差”が強調されて伝えられているのだなあと、受け取りました。
    20年30年前に学校教育を受けた世代のみならず、最近学んだ若い世代でも、「世界には先進国と発展途上国がある」と見てしまう。
    これは知識の問題ではなく認識の問題なのだと、理解することができました。
     
    以降は章のタイトルのみ、以下にリストアップします。
    ・ネガティヴ本能
    ・直線本能
    ・恐怖本能
    ・過大視本能
    ・パターン化本能
    ・宿命本能
    ・単純化本能
    ・犯人捜し本能
    ・焦り本能
     
    そして最終11章で、「ではどうしたら良いか?」について、まとめています。
     
    10に渡る認識の間違いについては正直、自分自身かなりの項目が当てはまると思いました。
    各章にそれぞれの「本能」に対する処方箋が書かれているので、意識して実践していきたいと思います。
     
    世界の国々の所得の格差がなくなってきていること、発展途上国と呼ばれた国の多くが、かなりのスピードで発展してきていること、そして分けるのであれば、4段階のレベルで考えてみること。
    これらの著者の指摘は、今後の自分の「見る目」に、組み込んでいきたいと思います。

    著者は他人の認識を改めることについても、それほど難しいことではない、と書いています。
    ただしその前に、自分自身の認識を改めなければいけないなと、自分に言い聞かせました。

    世界の現状を知る、そして自らの視点にバイアスがかかっていることを知る。
    複数の角度から、刺激を与えてもらえた一冊でした。

  • データに基づいて世界が良くなってるっとことを
    分かりやすく教えてくれた。

    すべては所得らしい。
    とにかくデータからの事実を正しく見る
    説得力

  • 世界の現状を説明しながら、現実を正しく認識する方法を説く本。Twitterとかでしょっちゅう戦っているタイプの人に読んで欲しい。読んでも変わらない気もするが。

    この本では世界を歪めて見てしまう「10の思い込み」が紹介される。中でもTwitterと親和性が高そうなのが「焦り本能」であり、この本能に付け込むことを著者は批判している。「正しい行動」をとらせるために、データを大げさに見せ、恐怖を煽るような戦術だ。長期的な視点で見れば、信頼を維持するためにもこのようなことはすべきではない。

    ただ逆に考えれば、この本に書かれている「10の思い込み」を上手く利用することができれば、短期的には大きな成果を上げられるとも言える。学ぶ価値はあるかもしれない。

全66件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ハンス・ロスリングは、医師、グローバルヘルスの教授、そして教育者としても著名である。世界保健機構やユニセフのアドバイザーを務め、スウェーデンで国境なき医師団を立ち上げたほか、ギャップマインダー財団を設立した。ハンスのTEDトークは延べ3500万回以上も再生されており、タイム誌が選ぶ世界で最も影響力の大きな100人に選ばれた。2017年に他界したが、人生最後の年は本書の執筆に捧げた。

「2019年 『FACTFULNESS(ファクトフルネス)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣のその他の作品

ハンス・ロスリングの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

FACTFULNESS(ファクトフルネス)10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣を本棚に登録しているひと

ツイートする