凪のお暇 5 (A.L.C. DX) [Kindle]

  • 秋田書店
4.24
  • (11)
  • (9)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 142
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (162ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ドラマ化大人気の凪ちゃん。
    空気を読んでヘトヘトになったOLが、無職で貧乏アパートに住んで、ありのままの自分で生きていく練習を始める。

    みんな登場人物がいい人過ぎて、泣けてくる。

    自分はあんまり空気読むほうじゃないし、それでガッカリされたり嫌われたりしても気にしない方だし、やりたいことは変だと思われようと実行するタイプ。

    だけど凪ちゃんのように、先回りして人のことを考えて、奉仕してしまうタイプって日本人に多いと思うし、自己肯定感の低さもハンパない。

    それを引っ張り上げてくれるのが中国とフィリピン出身のホステス仲間っていうのも、すごくわかる。日本の女子友じゃダメなんだよな。発展途上国から来た、明るくてたくましい人たちって、会うと元気でるよね。

    傍から見たら笑っちゃうような、ちいさな冒険。自転車で海を目指したり… でもそういう積み重ねが自分を作っていくのだろう。



  • 今までとは一転して、慎二の仕事でのエピソードや人格の良さが描かれて5巻。アルバイトを始めたバーのお客から、慎二の良さや、相手と対話をしようとしてこなかった自分の態度について振り返る凪。そんな中で、慎二に惹かれ始める職場の後輩美女が。。

  • 最初に読んだのがこの5巻。奥さんが買い続けていたのに前の巻までを処分。新刊が出たから手にしたこの本。正直触手湧かない。たまたま病院待ちで読み始めたら!(;´∀`)これはヤバい!おじさん読まなきゃ!キャラもストーリーも最高。単なるすれ違いラブストーリーじゃなく人間再生ストーリーだよ!さっそく全巻揃えたくなるからまずはいきなり5巻から読むべき!

  • これ、もしかしなくても慎二エンドになるんかな?
    あれだけハッキリとモラハラ描いてて、言葉足らずだったとかそういう問題にするのは無理があるのでは…

  • 名は体を表すというが「凪」の人生は凪いでいる。凪いでいる状態は悪くはないのかもしれないが。適度に風がふかなきゃ、停滞して、淀んでしまうわけで。「でも」を言い訳にしていたらあっという間に人にいいように使われる人生のいっちょあがり。選択肢が増えると万能感で…と口にしたのはうららちゃんのお母さんのように自分の人生、自分でハンドリングしたいものだ。凪の腰の重さは何だろうと思ったら、慎二は潔癖といい、ジューンさんは自己評価水準値が高いと表現する。そりゃ生きてくのは辛いさ。さてさてどうなる凪さんよ。

  • 気づきと勇気を与えられた巻

  • 主人公のいいとこに本人は気づいてないとかめっちゃ好物な設定やし、シンジは段々かわいくなるしお隣さんの胸キュンが胸キュンやし、嫌な人も最後は嫌な人じゃないし、隣の親子は微笑ましいし、初めての女子会とかよかったやーんってなるし、もうなんか盛りだくさんでお買い得。いま一番すきかも。

  • 元カレのターン
    いいんだけど、んー時折見える設定の粗が……。
    気にしてはいけない。
    こういうものだと思おう。

  • 今巻も、わかりる!!!!のオンパ。
    さいご全部、ファーのキンタマがもっていくけど。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

コナリ ミサト
7月22日生まれの女性漫画家。かに座、O型。趣味は半身浴、ファッション雑誌モデル鑑賞、古着屋めぐり、飲食(カレー・ビール・焼肉)など。2004年にデビュー。ファッション誌『CUTiE』で『ヘチマミルク』を連載し、人気となる。『珈琲いかがでしょう』が、2018年に『アニメBeans』にてアニメ化される。代表作に、『Eleganceイブ』で連載中の『凪のお暇』があり、2019年7月に黒木華主演でTVドラマ化。

コナリミサトの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする