感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • コミックDAYSで。

  • ①七つの大罪 鈴木央
    確かに、ゼルドリスはメリオダスを魔神王にしようとしている。エリザベス達の邪魔をする敵だ
    けれど、彼は彼で、愛しい女性を取り戻したくて、限界を超えてでも戦おうとしている。そう考えると、憎み辛い
    そんなゼルドリスの執念が勝り、起きてはならない男が覚醒してしまったぞ
    ②EDENS ZERO 真島ヒロ
    ハーミットを救いたい、その熱さに引っ張られた仲間と共に、シキはハーミットの心が囚われていると予想される仮想空間へのダイブを試みる
    果たして、非現実世界で、どんな超絶バトルが繰り広げられるのか、楽しみでしょうがない
    ③ギャンブラーズ・パレード 小高和剛/中山敦支
    読み手の予想を良い意味で裏切ってくる疾走感のあるストーリーの魅力を、とことん、中山先生のダークで刺々しく、なおかつ、毒のある絵柄が引き出している
    いつから、蜘蛛手は盲目の縞馬を捕まえる糸の罠を仕掛けていたんだ
    ④マコさんは死んでも自立しない 千田大輔
    隣とマコは付き合い出した訳だし、そろそろ、姫さんや忍さんに好意を抱いている男性キャラが登場しても良いのでは。まぁ、姫×忍の百合っぷるも嫌いじゃないが
    ⑤生徒会役員共 氏家ト全
    男子高校生は、半ズボンを履いてもギリ、世間は許してくれるだろうが、三十路を過ぎ、なおかつ、体型が弛んでいる男はアウトな気がする

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1980年生まれ。2001年、「Over Drive」で週刊マガジン新人漫画賞入選を受賞し、デビュー。2016年、「DAYS」で講談社漫画賞少年部門を受賞。他の作品に「一瞬の風になれ」(原作/佐藤多佳子)、「振り向くな君は」「黒猫DANCE」(いずれも講談社)などがある。

「2018年 『DAYS 3 再スタートの夏』 で使われていた紹介文から引用しています。」

安田剛士の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

週刊少年マガジン 2019年 10号[2019年2月6日発売] [雑誌]を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする