ダンジョン飯 7巻 (HARTA COMIX) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
4.38
  • (21)
  • (9)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 144
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (223ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "「いや以前魔力酔いした時 幻覚や幻聴があったと言っただろ それがずっと続いてて」
    「ずっと!!?なんで黙ってたの」
    「だってすぐチルチャックが頭の病気とか言って脅すし」
    「いや病気でしょ どんな幻覚なんだ」
    「いやそれが四六時中誰かが何か話しかけてきて
    最初は何を言ってるかわからなくて でも段々声も形もはっきりしてきて
    怖いからずっと見えないふりをしてたんだが」
    『やっぱお前聞こえてたんじゃねーか』
    「今はなんて?」
    「無視を続けたことに腹を立てている……?」"[p.82_84/223ページ]

    「獣が裸になったところで……」の台詞のイヅツミの表情が良い。
    地上のエルフたちや、地下の黄金卿と物語の根本に関わるような展開がじわじわと動いてるのが怖い。
    デルガルの孫がヤアドで、狂乱の魔術師はシスル。
    チルチャックに妻!?娘!?!!?
    ドキドキさせられたあとの最後のオチで思わず笑う。次が楽しみ。

  • 久しぶりの新刊
    カブルーの刺々しさというかいけ好かなさが激減してた
    実力不足認めたのと、エルフの介入によって町と人間に被害が出る前に
    ライオスパーティによってダンジョン攻略を目指す以上、出し抜くとか
    逆恨み(間違いとは言え金品取られて捨てられたのは事実なんだけど)とか
    やってられないしね

    カブルーの生まれと育ちと目的、パーティメンバーはみんな知ってるんだろうか
    ハーピーの卵食べた時のリアクションとか、信頼度からすると話してるのかな
    単に自分たちの実力とモンスターの強さ測り切れてないだけだったのかな
    妙に自信過剰に見えたところが気になる…ライオスたちと合流してからは影薄かったけど

    エルフたちは強者オーラ出てていい感じ
    どうなるかな

    センシの過去
    思ったよりも若いみたいだ
    ミスリルの包丁とかアダマントの盾も、もともとは自分の家のものというわけもなかったのか
    「若者には食わせねば」「馬の名前とその始末のしかた」等、センシのこれまでとちゃんと
    つながってる話、よかった

    しかしライオスは…

  • 新たな仲間イヅツミもまた、魔物を食べるのに抵抗があった。いや、それが普通だろう、たぶん。
    西方エルフが島の制圧に乗り出す。これに対し、カブルーはエルフ単独ではなく、自分たちも同行することを承諾させる。
    以前からライオスに見えていたゴーストの正体が判明する。
    さらにセンシの過去についても明らかになる。
    能天気のライオスなのだが、意外とよく観察しているところがあったりして、ときどきハッとさせられる。なんとも味わい深い。

  • センシの過去が明らかになり、迷宮を巡る抗争が更にややこしくなる前兆が起きる巻。
    ライオスの預かり知らぬところで、ライオスの存在がどんどん重要なものになっていく。
    どんなに重要な話にも必ず食が関わり、どんなに話が大きくなっても「ダンジョン飯」の名を裏切らない物語の作り方にただただすごいと思います。

  • ネコだ!ネコ娘だ!行動がほんとにネコでかーわいぃー✨
    そして、センシの過去が……!そうだったんだ……センシ(TT)
    そしてダンジョンにエルフたちがやってきた。どうなるんだろう、思いの外シリアスになってきたよ~!
    でも相変わらずご飯は食べてるよ

  • 安定の面白さ。センシの過去とトラウマが明らかになる第7巻。ただ、料理に「美味そう!」というインパクトが少なかったかも。ストーリー重視になると、本来の料理の魅力が相対的に弱くなっちゃうのかな。うーん、悩ましい。次巻ではまたもやパーティーに問題(異変?)が起こりそうな終わり方で目が離せない。

  • 最初はただ異世界のグルメネタを積み重ねていくのかと思いきや、そこにがっつりとドラマが挟み込まれていてもう夢中に…!最新刊ではセンシがこんなにも食にこだわる理由が明らかになって、どんどん世界観が深くなっていくのが楽しすぎる。そして、さりげない次の巻への引っ張りが凄い!

全7件中 1 - 7件を表示

ダンジョン飯 7巻 (HARTA COMIX)のその他の作品

九井諒子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする