ピュリティ [Kindle]

制作 : 岩瀬 徳子 
  • 早川書房
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (865ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 正直に言って、わたしには合わなかったみたい。。。。
    ジョナサン・フランゼン、アメリカでは有名で高評価な感じで、話もおもしろそうだし一度読んでみたいなと思っていたんだけど、これは、勝手に予想していたのとはだいぶ違う感じで。。。
    まず読みだしたとたんに驚いたのは、ピップ、って女性か!っていう。(まあそれはどうでもいいことかもしれないけど)。
    とにかく、ピップの成長の物語、ってきいていて、そう思っていたけど、800ページとかある長編で、途中の他の登場人物たちの話が長すぎてかつ強烈すぎて、ピップの話どこ?みたいな感じになった。ラストでまたピップが登場したとき、なんでこの子こんなに変わって成長したんだっけ??ってほんとに不思議に思ってしまった。わたしがバカなだけかもしれないけど。。。
    で、その「途中の他の登場人物たちの話」がもうみんながみんな、機能不全というか問題ある家庭に生まれ育った人たちばかりで、多かれ少なかれ精神を病んでいるって感じで、だれもが不幸すぎて、もう読むのがつらくてつらくて、心底、苦しい読書だった。登場人物だれにもまったく共感できなくて、だれに対しても、精神科医とか専門家のサポートを受けるしかないのでは?としか思えなかった。読んでいて楽しいところなんてひとつもなかったような。。。
    なのにラストは、なんだか急にハッピーエンドめいてきて驚いた。先にも書いたけど、なんでピップが急に成長したのかよくわからない感じだったし、トムは殺人の共謀罪を逃れるってこと??と思ったし。なんかまったく釈然としない。
    ピップの話だけにしてくれたらよかったのかも。。。

    (ディケンズの「大いなる遺産」が下敷きになっているとかきいたけど、わたしは「大いなる遺産」未読だけど、こんな話なの?? 読もうと思ってたけどよそうかな。。。)

    わたしがこの壮大な物語を理解できていないとかそういうことなのかもしれない。だれかに教えてもらいたい。
    とにかくわたしには合わなかった、ということか。。。。

全1件中 1 - 1件を表示

ピュリティのその他の作品

ピュリティ 単行本 ピュリティ ジョナサン・フランゼン

ジョナサン・フランゼンの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ピュリティを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
ツイートする