新・魔法のコンパス (角川文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
3.65
  • (2)
  • (8)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 81
感想 : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (171ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ・人間は「確認作業」でしか動けない
    ・人は冒険に憧れるが、冒険を避ける生き物だ
    ・オシャレには「排除」の力学が働く

  • 文字が「これでもか」というくらい大きくて、すぐ読めそう。

    半分くらい読んだ時は、なんか面白くないな。。。と思ったけど

    追記

    オセロのようにバッシングを全て利用する方法がある。(大胆に動く人はメンタルも強いわ)

    お客さんの1日をコーディネートする。
    「USJ行って、吉本みて、タコ焼き食べに大阪まで行くか!」みたいに。

    私も
    ど田舎カフェやってるから、
    カフェだけにわざわざ、このど田舎に人は足を運ばないから、
    「周辺おでかけ情報」を作ったり、周辺絶景をSNS発信したりしてる。

    巨額(?)のお金を回してても(流れを作ってても)
    自分が贅沢したり、そういう欲がなくて
    さらに何かを生み出す事に全財産すぐ注ぎ込むのは好感持てる。

    相方のカジサックが
    「こうと決めたら誰よりも努力する(動く)」って褒めてたから、身近な人にそんな褒められるって、
    本当にそうなんだろうな。と思った。

  • 大学でのスピーチ

  • 金、広告、ファンを使って戦う。

  • 物事を素直に捕らえてます。だからわかりやすい。お金を稼ぐことは悪くないし、労働の対価ではなく、価値の対価。時間の対価でもない。わかりやすい。

全7件中 1 - 7件を表示

著者プロフィール

1980年生まれ。芸人・絵本作家。99年、梶原雄太と「キングコング」を結成。人気絶頂の2005年に「テレビ出演をメインにした活動」から軸足を抜くことを決意。09年に『Dr.インクの星空キネマ』で絵本作家デビューを果たす。16年に発表した絵本『えんとつ町のプペル』は累計発行部数50万部超のベストセラーに。20年12月公開予定の映画『えんとつ町のプペル』では原作・脚本・制作総指揮を務める。現在、有料オンラインサロン『西野亮廣エンタメ研究所』を主宰。会員数は7万人を突破、国内最大となっている。

「2020年 『ゴミ人間 日本中から笑われた夢がある』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西野亮廣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
西野 亮廣
スペンサー ジョ...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×