専門知は、もういらないのか――無知礼賛と民主主義 [Kindle]

  • みすず書房
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 16
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (289ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 専門家がおかすもっともよくある間違いは、あることについて他の人々よりよくわかっているからといって、何でも他の人々よりわかっていると思い込むこと

    専門家にできるのは選択肢を提示することだ。価値判断を行うことはできない。専門家は問題を説明することはできるが、人々にその問題をどのように解決するべきかを指示することはできない。たとえその問題の性質上、幅広く合意が存在していたとしてもだめ

    自分も一応知財の専門家です。ただ、それを胸を張って言えるのは資格があるから。最近の実務ではあまり専門的な、知財に接することがないため、専門家というのは少し躊躇します。

    継続した鍛錬があってこその専門家、相談に来る方々に身のあるわかりやすい選択肢を提供するのが専門家。来年は、これからも知財の専門家を名乗るのであれば、これまで以上に意識して知財の勉強に取り組もうと思いました。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

アメリカ海軍大学教校授(国家安全保障問題)。ダートマス大学、ジョージタウン大学での教職を経て現職。コロンビア大学で修士、ジョージタウン大学で博士号を取得。専門はロシア、核戦略、NATO問題。

「2019年 『専門知は、もういらないのか』 で使われていた紹介文から引用しています。」

トム・ニコルズの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする