逃げるは恥だが役に立つ(10) (Kissコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.29
  • (6)
  • (6)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 49
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (173ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 待望の続編!
    みくりさんが妊娠、つわり、さらには百合ちゃんのガン…
    続きが気になります!

  • 主人公の妊娠、夫婦のやりとり、仕事のもやもやなど、今の自分にドンピシャな内容でした。夫にもおすすめしたい。

  • 評判を知ったのはドラマでだけど、ドラマはなかなか観る時間なかったので、マンガを先に読み、けっこうはまった(笑)。kindleに入れて、けっこう繰り返し読んでたんじゃないかな。

    完結してたかと思ったら、いつの間にか続編が出ていた。いや、ちょっと前、本屋さんで雑誌の表紙になっているのを見かけて、あぁ連載が始まったんだなとは思っていたんだけど、もう単行本になるくらいだったとはね。

    売れた作品が完結した後で続編を出すって、けっこう微妙。この作品も読む前は一抹の不安があった。読んでみると、がっかりすることはなく、面白かったな。9巻までもそうだったけど、この著者の人は結婚とか就職とか、単純にラブコメではなく、問題意識を描こうとしているように感じる。

    これから始まるエピソードでは、出産、育休、それに老齢期に入ったときの体の問題、だろうか。本書も面白く読んだし、今後の展開が楽しみだと思う。

  • まさか大団円で終わった逃げ恥の続きが読めるとは。確かに、結婚はゴールではないスタートだとはいうものの。気になってたユリさんと風間さんは、いきなり別れてるけど気持ちはある状態。平匡さんの職場では課に一人の女性社員を巡って、周囲の無神経で問題が持ち上がり、また育児休暇取得に向けひた走る。みくりはみくりで、妊娠からの夫婦関係の再構築は待ったなしで、と。

  • ゆ、ゆりちゃーーーーーーん!!!!

    いや、雑誌で読んで知ってましたが、改めてまとめて読むと独身の身としては百合ちゃんに起きる出来事が我が身の未来に起こり得ることすぎて直視するのが辛いほど…ですが!読む!なぜなら百合ちゃんをリスペクトしてるから!!

    にしても、続編になっても最高のクオリティ、名作すぎます。

全6件中 1 - 6件を表示

著者プロフィール

8月9日、しし座生まれ。B型。兵庫県出身。1989年、第8回なかよし新人まんが賞入選の『お月様にお願い』で「なかよしデラックス」(1989年秋の号)よりデビュー。代表作は、『逃げるは恥だが役に立つ』『回転銀河』『後宮』など。

「2018年 『新装版 回転銀河(6)』 で使われていた紹介文から引用しています。」

逃げるは恥だが役に立つ(10) (Kissコミックス)のその他の作品

海野つなみの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする