アラジン MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

監督 : ガイ・リッチー 
出演 : メナ・マスード  ウィル・スミス  ナオミ・スコット  マーワン・ケンザリ  ナヴィド・ネガーバン 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
3.92
  • (28)
  • (20)
  • (20)
  • (4)
  • (2)
本棚登録 : 172
レビュー : 31
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241776372

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • チョイ泣き(;_;) 映像も素敵で歌は勿論 良かった。
    アブーお猿さんの相棒 本当に可愛いんだよね
    ちょこと主人の肩に乗り どこまでも忠実な可愛い奴
    他の映画でも 相棒になってる おサルさんってほんと憎めない…主人に寄り添ってる姿が いつも微笑ましく感じてしまう。
    あ、作品の内容ですが、実写版成功してたと思います。
    映画館で観た友達が 良かったよ〜って教えてくれてたんですが、私は映画館に行けずDVD鑑賞でしたが…映画館に観に行きたかったなぁ。そんな作品でした。

    「アラビアン・ナイト」の物語をベースに、不思議なランプを手に入れた若者が愛する女性を守るため繰り広げる冒険を描いたディズニー・アニメの名作を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督のメガホンでディズニーが実写映画。生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女ジャスミン。2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、魔法の洞窟からランプを引き受けるが……。魔法のランプから登場するランプの魔人ジーニーをウィル・スミスが演じる。
    実際 主役のアラジンより、ウィル.スミスの方が目立っていたけど…(笑)ま、愛嬌ありきで楽しめたかな。
    アラジン役の俳優さんはオーディションらしいけど、小さいけど 真っ直ぐな心を持つ青年役にピッタリ!
    王女のジャスミンも 可愛く派手な美人じゃなく 優しいだけでなく、強い意志を持つ王女役がピッタリはまってた。
    絨毯に乗って 街を巡る2人のデュエットも良かったが、王女1人で絶唱する歌も 力強く とても良かった。
    アニメ版でアカデミー主題歌賞を受賞したアラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞の「ホール・ニュー・ワールド」などおなじみの楽曲も流れるほか、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが手がけた新曲も物語を彩る。

  • アラジンが実写化、しかもジーニーが青いウィルスミス?!って随分話題になってたので、新作をレンタルして視聴。

    どうなんだろうって思ったけど、やっぱりディズニーは実写も丁寧で面白かった。
    政治に関わりたいのに女だからと見向きもされないジャスミンの苦悩も描かれていて、アップデートされた世界感も良かった。
    彼女が懸命に訴えるミュージカルシーンはぐっとくるし、あのシーンが凄く好き。

  • 美女と野獣の時も同じこと思ったのですが、実写オリジナルの曲いらないな…
    ※個人的な意見です

    アニメと違って人同士のやり取りがリアルだった。
    アリ王子になってジャスミンに求婚しに王宮へ行ってアピールするシーンが本当に恥ずかしくて見ていられなかった…共感性羞恥。

    エンディングがインド映画に見え…た…カラフルで良かったです。
    面白かったけどアラジンはアニメの方が好きだな。

  • 歌も衣装も登場人物も、よかった。青いウィル・スミスがひょうきんでウィルスミスで、全部持ってかれる。

    ストーリーは元のアラジンそのまま。
    アラビアンな音楽やシルクロード的な市場の騒がしさと、不思議な洞窟の妖しさ。登場人物の美しさと魅力。アブーのちょっとしたいたずら。笑えるシーンとシリアスなシーンとのバランス。魔神とアラジンの掛け合い。
    人はどこを愛しているのか(王子でなければ、王女とは釣り合わないのか)、王はなぜ王なのか(ジャファールが魔神の力で王になったらかしづかなければならないのか)、王女らしさとは女性らしさなのか、民を思う心なのか、ディズニーならではの切り取り方とメッセージがあったように思う。

  • 請求記号:19D163(館内視聴のみ)

  • ウィルスミスが好きなので。

  • 魔法の絨毯の上であんなん歌われたらそりゃ好きになるやーんってきゃっきゃうふふしながら楽しめました♡
    あとウィルスミス最強な!

  • ナオミスコットの大ファンになり、アラジン役の役者さんのアクロバットと歌声に触れ「期待してなくてごめんなさい!」という気持ちになった。
    アニメはアニメの、実写は別の楽しみ方がある。
    でもジーニーはどっちも安定の面白さ。
    この頃からディズニーのプリンセスは強くなっていくんだよね。

  • ガイリッチーは昏睡させられてるし、音楽は迫力がいまいちな感じだし、正直ブロードウェイで見たミュージカルの方が100000倍よかったかな・・

  • 王女様が可愛い。アラジンもアクションが凄い。
    でもやっぱり圧倒的な主役感のジーニー・ウィルスミス。
    表情も面白いしどうしてもダントツで目立つ。
    日本語吹替版を見たけど、ヤマちゃんの吹き替えはもちろん、中村倫也さんの歌はうまかった。声質はちょっとのんびりした声でキャラとは違う気がする。

全31件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする