ネットは社会を分断しない (角川新書) [Kindle]

  • KADOKAWA
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (216ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 10万人規模の実証調査から見えてきた、インターネットと現実社会の実態について書かれた本。

    分極化しているのはネットを主に利用する若年層ではなく、あまりネットを利用しない中高年というのは肌感覚で理解はしていましたが、実証調査に基づいた本書を読んで、なるほどと腹落ちしました。

    ネットは社会を分断するものではないけれど、極端な意見が目立ちやすいという傾向が強いので、左でも右でも穏健な意見も積極的に見ていくことで自分の思考にバランス感覚を加えていくことが大事です。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1957年、東京生まれ。東京大学大学院経済学研究科単位取得退学。現在、慶應義塾大学経済学部教授。専攻は計量経済学。著書に『ゲーム産業の経済分析』(共編著・東洋経済新報社)、『ネット炎上の研究』(共著、勁草書房)など。

「2019年 『ネットは社会を分断しない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中辰雄の作品

ネットは社会を分断しない (角川新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×