嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教え

  • Audible Studios (2019年10月18日発売)
5.00
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
レビュー : 1

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ここ数年の自分の考え方の変化を論理的に肯定し、裏付けてくれるような内容でした。
    私の考え方が変化した要因はいくつかあるのですが、その一つは堀江貴文氏や落合陽一氏のような、今この瞬間を全力で生きている人たちを知ったことです。

    アドラー心理学についての理解度はまだ全然なのですが、本書で語られる今を生きるという強いメッセージには背中を押してもらった気持ちです。

    上記のような感想を書いている時点で、まだまだですが、今はそれで良いと気付けたことはとても幸運でした。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

岸見一郎 (きしみ いちろう)
1956年生まれ。哲学者、心理学者。京都大学大学院文学研究科博士課程満期退学(西洋哲学史専攻)。奈良女子大学文学部非常勤講師などを務める。専門のギリシア哲学研究と並行してアドラー心理学を研究。ベストセラー『嫌われる勇気』(古賀史健との共著、ダイヤモンド社)のほか、『アドラー 人生を生き抜く心理学』(NHKブックス)、『生きづらさからの脱却 アドラーに学ぶ』(筑摩選書)『一七歳の特別教室 哲学人生問答』(講談社)など多数の著書がある。

「2020年 『人生は苦である、でも死んではいけない』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岸見一郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

嫌われる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする