感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ①七つの大罪 鈴木央
    最強の合技「不倶戴天」によって、魔神王の巨大な肉体を吹き飛ばし、父すら凌駕する圧倒的な魔力で戒厳すら吹き飛ばしたメリオダス
    これだけの力を持っているのに、世界を恐怖で支配する事を望まず、愛しい恋人と、頼れる仲間を持つメリオダスの強さを改めて知ったゼルドリスは、ようやく、デレた
    一つ、個人的に気になっている事は、凄まじい魔力を吸収した湖水。もしかして、マーリンさんは、この湖水を使って、「太陽」の使用で命が燃え尽きようとしているエスカノールさんを救う気なんだろうか
    ②化物語 西尾維新/大暮維新
    美女の時は美しく、幼女の時は可愛い、それが、キスショット・アセロラオリオン・ハートアンダーブレード
    ネタバレになってしまう気もするけど、ここで、翼に遭遇しちゃった事が、エピソードとギロチンカッターの敗北フラグだったのかも
    ③EDENS ZERO 真島ヒロ
    ホムラがヴァルキリーの意志を受け継いだことで、ついに、魔王四煌星は揃い、ドラゴンウォールを突破する段取りは整った
    しかし、その前にすべき事がある。まさか、こんなにも早く、ドラッケン・ジョーとぶつかる時が来るとは。しかも、シキの方から、敵の戦艦に乗り込んじゃうか。まぁ、彼らしいな
    ③HERO’S 真島ヒロ
    ハル、ナツ、シキの主人公三人が揃い、こんだけのコンビネーションを発揮してるのに倒せないとは・・・やるな、ジェネシス
    けど、ここから、大逆転して、常識的には勝てない相手に勝つから、真島作品のヒーローたちはカッコいいんだよ
    ⑤生徒会役員共 氏家ト全
    自分だけを見て欲しいし、愛してほしいって気持ちも分かるんだが、男の性活には、エロ本やAVも必要なんだよ、女性の皆さん

  • コミックDaysで。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

(さすが けい)
青森県出身。東洋美術学校出身。
2009年『週刊少年マガジン』本誌でデビュー。代表的な作品に『GE~グッドエンディング~』(全16巻)がある。現在『ドメスティックな彼女』(単行本6巻~)を連載中。

「2015年 『真田幸村 ―風雲! 真田丸― 戦国武将物語』 で使われていた紹介文から引用しています。」

流石景の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

週刊少年マガジン 2019年 50号[2019年11月13日発売] [雑誌]を本棚に登録しているひと

ツイートする