ブルーピリオド(6) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.56
  • (31)
  • (22)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 314
感想 : 16
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 藝大受験のスポ根もの。「マンガ大賞2020」の第一位。

    「このマンガがすごい!」等で、私が去年今年とピックアップしてきた『違国日記』『SPY×FAMILY』『ミステリと言う勿れ』『水は海に向かって流れる』などの最終ノミネートを蹴落としての大賞なので、早速チェックした(この中で言えばホントは『ミステリ』に獲って欲しかった)。6巻まで一気読み。一応これで第一部終わりという感じかな。

    不良とも付き合うけど、成績優秀、空気の読み方も上手い矢口くんは、高校2年でやりたいことが見つからなかった時に、1枚の絵に出逢う。「美大に行きたい。それならば家族に負担かけない国立藝大だ」と決める。夜遊びする男の子だけど、とっても真面目な若者なのである。たった1年半で、矢口くんは恐ろしく伸びるのだけど‥‥。

    好みの問題で言うと、かつての第8回大賞作品『かくかくしかじか』(東村アキコ)と被る面もあり、一定面白いけど大賞とるほどのものか?と思ってしまった。ただその点については、

    「スキ キライがあんのは
    当たり前や
    値段の高い料理が口に合うとは限らんし
    逆に最初はそれほどでも
    産地や製法聞いて
    オイシイと思うこともある」
    (2巻、予備校で一緒になった橋田悠のセリフ)
    というセリフで、受け流されてしまったかもしれない。

    普通の世渡り上手だけでは受からない藝大受験は、いわば現代社会の縮図でもある。

    「単刀直入に言うわ
    矢口の今の課題は対応力よ」
    「やっぱり‥‥上手く対応できてないって
    ことスよね」
    「まあ、そういうことかしら
    ちなみに矢口
    どう考えて描いてる?」
    「‥‥と
    出題者はどう考えてるのかなーとか?
    あと、苦手な部分を
    どう克服しようか‥‥とか‥‥」
    「矢口はマジメねー
    でも
    マジメさに
    価値があるのは
    義務教育までよ」
    (4巻、一次試験に1週間切って予備校での面接での先生のセリフ)

    現代の若者は、集中力があって、陰で努力して、相手の求めていることを分析して期待に応えれば、高校カーストや、一定社会では上位に食い込めるのかもしれない。でも、芸術は本当の実力が問われる世界だ。分かりやすさではダメなのだ。そこを突き抜けたホントの感性が問われるのである。予備校の先生は「マジメで真剣で喜ぶのは学校の先生と親だけよ」と言う。空気が読めるのは、矢口の武器でもあり、悪い癖でもある。「矢口に足りていないのは『自分勝手力』よ」と。他の言い方をするならば「楽しんじゃう力」らしい。ここまで読んできた読者ならば、それは「不良して夜遊びする力ではない」ことはわかるだろう。具体的にわかるには、全巻読まなくては分からないかもしれない。もしかしたら、読んでもわからないかもしれない。私のような擦れたオッサンじゃなくて、現役高校生が読むべきマンガだろう。

    マンガ大賞作品は、たいていアニメ化されたり映画化されたりしてきた。これはどうかなあ、難しそうだなぁ。でもあえて作るならば、実写映画化が向いているかなな。劇中、ホントに描いたほぼ無名の協力者の人たちの力作絵画のコピーがたくさん出てくる。原作とは全く違った形で実際の藝大作品から持ってくれば、原作ファンも楽しい映画が出来るかもしれない。

  • マガポケの無料公開終わってしまった。
    少しポイントつかって6巻収録分まで読んだ。
    次から藝大ライフにはいるのかな?
    キリがいいからとりあえずここまでにしようかな…
    つづきはまた今度読もうか

    いや〜2次試験どうなるかと思ったけど
    八虎、藝大に現役合格だよ、
    すごい
    八虎は努力の人だなぁ

    2次試験はヌードモデル(女性)だった
    直前に自分のセフルヌードを描いた八虎は運がよかったと言えるのかな。ラッキー課題なのでは?と本人も言ってたし
    試験は3日かけて描くんだけど八虎は1日め体調不良で午前中寝てしまう(!)
    試験2日目、今日だけはムリしたほうがいいよ、という世田介いいな

    ヌードモデルみて
    最初テーマは「ありのまま」だったけど
    それじゃ弱いというかありがちだと考える
    時間ないから、描きながら考えていく感じ

    森先輩の「あなたか青く見えるならりんごもうさぎの体も青くていいんだよ」という言葉を思い出して
    自分にとっての「ありのまま」とみんなにとっての「ありのまま」は違う
    八虎にとって「裸(ありのまま)」は情けなくて頼りないもの
    服を着るのは「裸(ありのまま)」を隠そうとする後ろめたい行為
    この絵は俺の目を通して見た俺の絵(せかい)なんだ
    と答えが見えてくる

    スケッチブックにオイルをかけて半透明にして人の形を残して塗りつぶす

    世田介「俺が絵が上手いのは事実だから自信なんかない」

    八虎の油絵の技術が、すごい。こんな色々な手法を短期間で覚えられるものなの?しかもそれを自分が表現したいことに使える
    本当にすごい努力したんだなぁ…
    絵の表現したいことを世田介にわかってもらえて、めっちゃ喜ぶ八虎
    かわいい

    合格発表で桑名さんと会っちゃって、八虎は合格、桑名さんは落ちて…こういうの辛すぎる

    世田介も受かった
    油画専攻に現役で受かったのはたった3人

    桑名さん姉とライブ行ったあとやっぱ泣いてしまった。
    もう1年やりたいって
    この子は現役だったんだっけ?
    橋田が何者なのか未だによくわからない。男なのね

    八虎の担任はやはりクソ

    森先輩が美術部に遊びにくるけどまた八虎とすれ違い

    八虎の描いた絵をみて「素敵ですねこの絵」

  • この巻まで自分に自身なくて理論武装しがちなタイプの人にはぜひ読んで欲しいなうえええん良かった!!!

  • ここで一度完結としてみていい完成度。
    一気に引き込まれた。

  • 八虎くん、眼精疲労と頭痛のようですが、これは頭痛薬飲んでもなかなか治らないからつらいよねぇ。そりゃ制作も遅れちゃうわ。
    八虎くんが大葉先生に「他の人より遅れてる」って言ったら、「じゃぁ有利じゃん」ってどういう意味?と思ったら人の答えが見れる、って予備校の先生がそれいいますか(笑)
    でもそれ、カンニングって意味ではなかったんですね(当たり前か)自分が焦るほど周りも実は進んでないってわかったら落ち着くなぁ。要するに「みんな似たようなもん。だから落ち着け」という意味もあったのだろうな。

    八虎の課題作成の手順のところ、画材の特徴しってたら絶対おもろいはず。

    八虎の思考の過程を見ていると、美術も含め芸術は、自分の中にあるものを洗いざらい吐き出して統合して表現する行為なのだと思えます。

    そして二次試験が終わり、合格発表の時が来ました。
    主人公はわかってたけど、まさかあの人が・・・東京藝大ってホント厳しいというか、わからないんですねぇ。

    一般の科なら学力試験で、ある程度の出来具合などがわかって合否もある程度想像がつくけど、作品の製作となると自分では自信があっても不合格だったり、その逆もあったりで発表までが心臓に悪そう。

    で、八虎が芸大合格したので1部は終わりと言う感じ。ちょうど高校卒業でもあるし、いい感じのラストです。しかもそのラストシーンで森先輩が八虎の絵を見て「素敵な絵ですね」と言うところは最強。森先輩の絵が魅了した八虎の絵を見て、今度は森先輩が魅了されて・・・なんか素敵じゃないですか!

    八虎と森先輩、何回もすれ違いでまるで「君の名は」みたい。このすれ違いっぷり、実は何かの伏線だったりする?

    次の巻からは東京藝大編!

  • ついに藝大入試も終盤。トラブルに見舞われつつも懸命に課題に取り組んでいく。
    真っ直ぐ前向きな気持ちになれる。
    絵を描く技術についても勉強になるし、いよいよ大学生編か、と続きが読みたくなるのだ。
    美大生は美大受験生と違って明確な目標がないわけで、どう展開していくかがみものである。

  • 絵のおおまかな構成要素は3つ。
    テーマ、構図、描写。

    大学合格!
    世田介くんも合格!
    マキは落ちた。

  • 受験結果を見るまでの展開、こっちまで緊張感伝わってきたよ〜。そうなるのね!意外なような、想定通りなような。

  • 《ありのままの自分じゃ受かる気がしない
    だからこそ戦略を考える
    だからこそテーマをわかりやすく演出する
    この土壇場で...
    いや土壇場だからこそわかった
    ありのままの俺って
    ほんと笑えるほど自信がないな...》

    このタイミングで!?超ピンチ!...と思ったが、
    ここで自分の強み(戦略的なところ、努力する才能)を見つけられらたのは、ここまで追い込まれたからこそかも。

    受験編が終わり、大学編では何を目指していくのか?楽しみです。

  • 同じ予備校の他の人がどんな絵を描いて落ちたか気になる。

全16件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

東京都出身。 四季賞2014年夏のコンテスト佳作受賞。「アフタヌーン」にて連載中の『ブルーピリオド』で、マンガ大賞2020、第44回講談社漫画賞一般部門を受賞。

「2021年 『小説 ブルーピリオド 2』 で使われていた紹介文から引用しています。」

山口つばさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×