ブルーピリオド(6) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
4.54
  • (19)
  • (16)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 187
レビュー : 9
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (195ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 藝大受験のスポ根もの。「マンガ大賞2020」の第一位。

    「このマンガがすごい!」等で、私が去年今年とピックアップしてきた『違国日記』『SPY×FAMILY』『ミステリと言う勿れ』『水は海に向かって流れる』などの最終ノミネートを蹴落としての大賞なので、早速チェックした(この中で言えばホントは『ミステリ』に獲って欲しかった)。6巻まで一気読み。一応これで第一部終わりという感じかな。

    不良とも付き合うけど、成績優秀、空気の読み方も上手い矢口くんは、高校2年でやりたいことが見つからなかった時に、1枚の絵に出逢う。「美大に行きたい。それならば家族に負担かけない国立藝大だ」と決める。夜遊びする男の子だけど、とっても真面目な若者なのである。たった1年半で、矢口くんは恐ろしく伸びるのだけど‥‥。

    好みの問題で言うと、かつての第8回大賞作品『かくかくしかじか』(東村アキコ)と被る面もあり、一定面白いけど大賞とるほどのものか?と思ってしまった。ただその点については、

    「スキ キライがあんのは
    当たり前や
    値段の高い料理が口に合うとは限らんし
    逆に最初はそれほどでも
    産地や製法聞いて
    オイシイと思うこともある」
    (2巻、予備校で一緒になった橋田悠のセリフ)
    というセリフで、受け流されてしまったかもしれない。

    普通の世渡り上手だけでは受からない藝大受験は、いわば現代社会の縮図でもある。

    「単刀直入に言うわ
    矢口の今の課題は対応力よ」
    「やっぱり‥‥上手く対応できてないって
    ことスよね」
    「まあ、そういうことかしら
    ちなみに矢口
    どう考えて描いてる?」
    「‥‥と
    出題者はどう考えてるのかなーとか?
    あと、苦手な部分を
    どう克服しようか‥‥とか‥‥」
    「矢口はマジメねー
    でも
    マジメさに
    価値があるのは
    義務教育までよ」
    (4巻、一次試験に1週間切って予備校での面接での先生のセリフ)

    現代の若者は、集中力があって、陰で努力して、相手の求めていることを分析して期待に応えれば、高校カーストや、一定社会では上位に食い込めるのかもしれない。でも、芸術は本当の実力が問われる世界だ。分かりやすさではダメなのだ。そこを突き抜けたホントの感性が問われるのである。予備校の先生は「マジメで真剣で喜ぶのは学校の先生と親だけよ」と言う。空気が読めるのは、矢口の武器でもあり、悪い癖でもある。「矢口に足りていないのは『自分勝手力』よ」と。他の言い方をするならば「楽しんじゃう力」らしい。ここまで読んできた読者ならば、それは「不良して夜遊びする力ではない」ことはわかるだろう。具体的にわかるには、全巻読まなくては分からないかもしれない。もしかしたら、読んでもわからないかもしれない。私のような擦れたオッサンじゃなくて、現役高校生が読むべきマンガだろう。

    マンガ大賞作品は、たいていアニメ化されたり映画化されたりしてきた。これはどうかなあ、難しそうだなぁ。でもあえて作るならば、実写映画化が向いているかなな。劇中、ホントに描いたほぼ無名の協力者の人たちの力作絵画のコピーがたくさん出てくる。原作とは全く違った形で実際の藝大作品から持ってくれば、原作ファンも楽しい映画が出来るかもしれない。

  • 《ありのままの自分じゃ受かる気がしない
    だからこそ戦略を考える
    だからこそテーマをわかりやすく演出する
    この土壇場で...
    いや土壇場だからこそわかった
    ありのままの俺って
    ほんと笑えるほど自信がないな...》

    このタイミングで!?超ピンチ!...と思ったが、
    ここで自分の強み(戦略的なところ、努力する才能)を見つけられらたのは、ここまで追い込まれたからこそかも。

    受験編が終わり、大学編では何を目指していくのか?楽しみです。

  • 同じ予備校の他の人がどんな絵を描いて落ちたか気になる。

  • 読みながら読み返している。面白い!

  • 相変わらず大葉先生かっこいいし。

  • 意識混濁の中あらわれる森先輩、もはや神やん。
    神のくせにめっちゃ胸を強調してくるやん。神やん。

全9件中 1 - 9件を表示

著者プロフィール

山口つばさ(やまぐち つばさ)
東京都出身。東京藝術大学卒業後、アフタヌーン四季賞2014年夏で佳作受賞。2016年、新海誠監督の作品『彼女と彼女の猫』コミカライズでデビュー。2017年6月から『月刊アフタヌーン』で『ブルーピリオド』を連載し、現在の代表作となる。美大受験を目指す高校生を主人公にした同作は、「このマンガがすごい2019 オトコ編」4位、「マンガ大賞2019」ノミネートなど、高い評価を得ている。2019年6月21日、『ブルーピリオド』5巻刊行。

山口つばさの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×