ミドルマーチ1 (光文社古典新訳文庫) [Kindle]

  • 光文社
4.20
  • (2)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 52
感想 : 1
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (408ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 長い積読から開始。まだ1/4だけど、ストーリー構成を掴むことができた。ドロシア(カボーソン夫人)の結婚とその後の結婚生活の心持ちの変化の物語と、医師リドゲイトの世渡りの物語が交互に語られ(交差は未だわずか)、ミドルマーチという英国中部の田舎に暮らす人々の社会・政治・農業・工業・宗教観がそれら2つの物語に深く関わっていく物語。大変読みやすいのは優れた訳の証拠。私のような読み手としては、深い文学性と豊穣な味わいの一部でも感じ取れれば望外の喜びで、まずは最終巻まで通読することで、精神的成長をしていきたいと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

George Eliot(Mari Anne Evans)1819-1880.
筆名は男性、本名メアリ・アン・エヴァンズという女性。英国小説史における、もっとも傑出した知性、リアリズムの作家と評されている。
彩流社からの邦訳・関連書に『急進主義者 フィーリクス・ホルト』(冨田成子 訳、ジョージ・エリオット全集 6、2011年)、『スペインのジプシー 他2編 とばりの彼方、ジェイコブ兄貴』(前田淑江、早瀬和栄、大野直美 訳, 玉井暲、廣野由美子 解説、ジョージ・エリオット全集 9、2014年)、『牧師たちの物語』(小野ゆき子、池園宏、石井昌子 訳、惣谷美智子 解説,、 ジョージ・エリオット全集 1、2014年)、『ロモラ』(原公章 訳、ジョージ・エリオット全集 5、2014年)、『詩集』(大田美和、大竹麻衣子、谷田恵司、阿部美恵、会田瑞枝、永井容子 訳 ジョージ・エリオット全集 10、2014年)、『サイラス・マーナー [付]ジューバルの伝説』(奥村真紀 訳、清水伊津代 訳・解説、内田能嗣 解説、ジョージ・エリオット全集 4、2019年)、『ダニエル・デロンダ(上・下)』(藤田 繁 訳、ジョージ・エリオット全集 8、2021年)、『テオフラストス・サッチの印象』(薗田美和子、今泉瑞枝 訳、2012年)、『ジョージ・エリオット 評論と書評』(川本静子、原 公章 訳、2010年)、『エドワード・ネヴィル  G・エリオットの少女期作品とその時代背景』(マリアン・エヴァンズ 著、樋口陽子、樋口恒晴 編訳、2011年)、『ジョージ・エリオット 時代のなかの作家たち 5』(ティム・ドリン 著、廣野由美子 訳、2013年)ほかがある。



「2022年 『フロス河畔の水車場』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ジョージ・エリオットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ミヒャエル・エン...
ウンベルト エー...
ウンベルト エー...
三島 由紀夫
劉 慈欣
三島由紀夫
谷崎潤一郎
フランツ・カフカ
ヴィクトール・E...
ジェイムズ・ジョ...
ジョージ・オーウ...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×