岡田メソッド――自立する選手、自律する組織をつくる16歳までのサッカー指導体系 [Kindle]

著者 :
  • 英治出版
3.82
  • (4)
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 63
感想 : 6
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (372ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • サッカーという複雑なスポーツにおける型を言語化した。これはサッカー経験者からすると凄いことであり、イメージの共有がしやすくなるのは間違いない。また、サッカーをする子の親の立場からすると、FCバルセロナのメソッド部長ジョアン・ビラの次の言葉は興味深い。 「スペインには、プレーモデルという、サッカーの型のようなものがある。その型を、選手が16歳になるまでに身につけさせる。その後は、選手を自由にさせるんだ。日本には、型がないのか?」

  • サッカーについては全く無知だが、サッカーという競技について理論的かつ合理的な説明がなされていてとてもわかりやすい。抽象化すると会社の組織やチームにも考え方が応用できそう。

  • 概要
    男子サッカー日本代表監督として、2度のワールドカップ出場とベスト16を達成した岡田さんの1冊。

    ベスト16の壁を超えるために、主体的に自分で判断してプレーする選手が必要だと考えていた岡田さんが出会ったのが、「バルセロナでは16歳までにプレーモデル(サッカーをプレーするにあたっての原則)」を学ぶという考え方。岡田さんは日本にプレーモデルを導入することにした。プレーモデルを日本に導入することで、基礎を体得しているからこそ、大人になってから主体的に判断できる選手が増えると考えたからだ。そこで、FC今治を買収し、育成世代からプレーモデルを教えるという実験を開始した。そのプレーモデルと、育成・実践のための手法全体が”岡田メソッド”である。

    選手が主体的に判断できるよう作られたのが岡田メソッドだが、これは社会人・会社員が主体的に判断できるようにするための組織づくりや育成方法にも共通する点が多い。


    面白かったこと
    選手が自立できないことのなぜなぜ分析
    自立できない→選手がサッカーを体系的に理解できていない→指導者がサッカーを体系的に理解していない→日本にはプレーの原則が体系化されていない
    そこで、対策として
    プレーの原則を体系化する→指導者がサッカーを体系亭に理解する→選手がサッカーを体系的に理解する→選手が自立する
    これは、サッカー・プレーをビジネスに、選手を従業員に、指導者を管理職に読み替えたら、そのまま当てはまる。

    用語の統一
    プレーモデルを作るにあたり、関係者みんなの意識を統一するため、用語の定義を明確にした。楔のパスというだけでも、人によって様々な理解があり、イメージが共有できないように。用語の定義をすることで、コミュニケーションロスが減り、イメージが共有され、理解も早まる。

    ゲーム分析
    サッカー・プレーモデルを、全体→詳細レベルで分解していき、共通原則→一般原則→個人とグループの原則→専門原則と定義している。
    これにより、大局的な観点でうまくできていない点に気付くことができてから、各原則項目に基づいて順番に分析をし、原則にたどり着くのがスムーズになる。

    哲学の浸透
    FC今治では、哲学浸透のため、以下6つのキーワードに関する話を、繰り返し繰り返し伝えている。その繰り返しの中で文化・風土ができてくると考えている。
    ENJOY、OUR TEAM、DO YOUR BEST、CONCENTRATION、IMPROVE、COMMUNICATION
    自分がこだわることに名前をつけて、伝え続ける。これはリーダーにとって、ほんとうに大切な仕事。

  • 読みこなす前提の力が求められる本だと感じた。単なるゲーム内容に留まらず、組織作り、育成・教育まで幅広い意味のモデル作りを目指している。

  • 価格のこともあり、後回しにしていたところを、冬になってようやく読んでみた。

    戦術ピリオダイゼーション理論やプレーモデルについてまとめられた文章を読んだあとにこの「岡田メソッド」を読むと、「ゲームモデル」はプレーモデルの範囲を含み、かつプレーモデルより抽象度が高い、あるいは一般的な部分も含めたモデルであることがわかる。おそらく、「今治の」に加えて「日本サッカーの」あるいは「アジアの」というより広範囲へのモデル化も睨んでいるからなのだろう。

    歴代の日本人コーチとして最高の成績を築いた岡田さんが、ここまで具体的なモデル化に挑んでいる取組とこの成果物、改めて偉大なプロジェクトだと感じる。

    最後には、コーチとして、人間としての選手との向き合い方まで触れて締めているあたりが、修羅場を何度もくぐり抜けてまとめ上げた人格者としての岡田さんらしさあふれる、抽象的あるいは理論的なモデルでは終わらない、実践書としての意味を深めている。

  • 哲学、メニュー例、すぐできるものやアレンジできそうなものがたくさん出てきてとても面白かったです!

全6件中 1 - 6件を表示

岡田武史の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐々木 圭一
ジャレド・ダイア...
マシュー・サイド
ダニエル カーネ...
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×