オノマトペ 擬音語・擬態語の世界 (角川ソフィア文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (207ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 面白かった。
    オノマトペの世界へ、ラフに誘ってくれる、遊びに満ちた世界であった。まず、オノマトペを創って遊び、愛でて、その働きぶりを分析してみるーーそんな話である。

    特に面白かったのは、最初のオノマトペは何か?という話題である。古事記に出てくる、世界の混沌をかき回す擬態語が初の擬態語らしいということである。それに関連して、古事記はまだ万葉仮名が確立していない時代であるにもかかわらず、オノマトペがわざわざ万葉仮名もどきで記載されてこといるということが述べられる。重要性が高い、固有名詞とともに、何かを伝える重要なものであると考えられていた、ということなのだ。

    あと、私は普段から”もったり”という言葉を使うことがあって、周りから”ん?”という目で見られていたのだが、それにも仮説を出してくれている。

    言葉の世界の楽しさを改めて感じさせてくれる本であった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

明大

「2020年 『近世の語彙 身分階層の時代』 で使われていた紹介文から引用しています。」

小野正弘の作品

最近本棚に登録した人

ツイートする
×