からだと病気のしくみ講義 NHK出版 学びのきほん [Kindle]

著者 :
  • NHK出版
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 19
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (92ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人間の体の仕組みについて分かり易く解説をしている。「怖いもの知らずの病理学入門」を書いた先生。ところどころの大阪弁が和みます。血液、循環器、呼吸器、消化器の流れで説明されている。すべてのたんぱく質はアミノ酸に還元されて吸収される。よってコラーゲンを食べても結局はアミノ酸になるので、目的のコラーゲンにはならない!って、家族に話をしたら、嫌な顔をされた(汗)。

  • 健康で長生きするために知っておくべき、からだと病気の基本知識について学べる本。

    軽妙な語り口でからだや病気のしくみをわかりやすく解説しています。健康法に振り回されないためにも、からだと病気の基本知識を知っておくのは大事なことです。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

仲野徹(なかの とおる)
1957年、「主婦の店ダイエー」と同じ年に同じ街(大阪市旭区千林)に生まれる。大阪大学医学部医学科卒業後、内科医から研究の道へ。ドイツ留学、京都大学・医学部講師、大阪大学・微生物病研究所教授を経て、2004年から大阪大学大学院・医学系研究科・病理学の教授。専門は「いろんな細胞がどうやってできてくるのだろうか」学。2012年には日本医師会医学賞を受賞。著書に、『幹細胞とクローン』(羊土社)、『なかのとおるの生命科学者の伝記を読む』(学研メディカル秀潤社)、『エピジェネティクス』(岩波新書)、『こわいもの知らずの病理学講義』(晶文社)など。趣味は、ノンフィクション読書、僻地旅行、義太夫語り。

仲野徹の作品

からだと病気のしくみ講義 NHK出版 学びのきほんを本棚に登録しているひと

ツイートする
×