2060 未来創造の白地図 ~人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる [Kindle]

著者 :
  • 技術評論社
3.67
  • (1)
  • (8)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 73
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (470ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 未来像について、一定度の具体性納得度を持って描かれており、非常に参考になる良著。
    少し先をみすえた構想を行う際には参考にしたい。

  • 論文数、特許出願数、ベンチャー設立数から未来の進化を大胆に予想した本。「未来の部品」の章で、現段階での技術がどうなっているかが述べられていて、2060年の未来も具体的に想像することができる。

    第1章のファッションの未来は短いものの大きな可能性を感じた。様々な素材に“塗って”太陽光発電を行うペロブスカイト太陽発電技術は、衣類にも適応できるという驚き。発光したりセンサーで身体状況を測ってくれる服ももちろんいいが、「空間を知覚する新しい身体器官としての服」はもっとも未来感を感じた。今できる行為(歩く、持つなど)の機能を強化するだけでなく、新しい機能をつけてしまうというなんとも未来的な発想で大好き。コスメも同様に面白い。健康を意識した医療コスメは今でもだんだん出てきているが、人工皮膚を使ったコスメやAR・プロジェクションマッピングコスメなど、自己表現を多様にする新しいコスメの未来があった。もうどんな顔で生まれても関係なさそう。

    第3章の移動と都市では、車も家も都市も同じ"空間”になっていきそう、という感想(大小が違うだけ)。自動運転車の時代に、車は“動く空間”として車内で何をするかが重要になってきて、移動とセットで何を提供するかに新しいビジネスの可能性がある(「ピザ窯付き車」という謎のニッチサービスを述べた著者好き)。「海上浮遊型都市」「動く都市」の例のように、家の部屋や都市の施設をモジュール型的に入れ替えられることは未来的。まちづくりシミュレーションゲーム『SimCity』でそんなことができたら大喜びするくらい、実現したら大きなインパクトになりそう。

    全体を通して懸念点なのは倫理の問題。遺伝に関する倫理問題はよく言われているが、エンタメ分野で人の感情や、食分野で人の嗜好を勝手に読むことは果たしてどこまで許されるかはまだわからない。著者が終盤で「ヒトは多様性をどこまで受入れられるのか」は、未来では倫理観も多様になり、どこに基準を設けるのかという警鐘も含めている気がする。

  • 2060年頃までの、「未来予想図」「未来の部品」の具体例が数多く提示されている。内閣府主導で5年間に1,000億円が投入される計画だそうだが、1兆円でも良いだろう。
    「リアルとバーチャル、サイバーとフィジカルは一体化しAIと共に歩んで行く」そのための注目すべき技術が「テレイグジスタンスと量子テレポーテーション」だと語られている。
    ワクワク感が半端ない、人類史上最高にエキサイティングな
    冒険の旅に出発しない手はないですね。

  • フライヤーで読書

    40年前の生活と今の生活との変化を考えれば、
    今から40年後の2060年の生活が劇的に変わっていることが想像に難しくない。

    人間が想像できる未来は必ず実現できる。

    これから重要なテクノロジーはセンシング技術
    ありとあらゆる人間の行動がセンサーでデータ化され、
    蓄積されたデータを元にしたビジネスが広がっていく。

    空間そのものがIoT化していく

    様々な分野でハイテク化が進んでいく。
    これからは服は1種類で自分の体温の変化、外気温の変化を元に自動的に温度を調整したり、昼と夜でデザインを変えていく。

    食料不足もすべてテクノロジーで解決できる。

    都市の概念も変わる。
    今、最先端のスマートシティ・コンパクトシティが当たり前になっていく。


    要約でも書いてあったけど、
    自分自身で経験したい!
    2060年は74歳。
    平均寿命的には全然自分で体験できる。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

アスタミューゼ株式会社 テクノロジーインテリジェンス部部長。薬学博士(分子生物学・発生細胞化学)。
1959年4月、大阪生まれ。東京大学大学院薬学系研究科 後期博士課程 修了。
博士号取得直後に起業、国際会議プロデューサーなどを経て、2001年より、株式会社アイ・ピー・ビー(Intellectual Property Bank)に参画。取締役技術情報本部長、Chief Science Officerなどを歴任、世界初の知財の多変量解析システム構築、知財力と経営指標の総合評価による株式投信開発、シードベンチャーへのプリンシパル&ファンド投資、事業プロデュースなどに携わる。
2011年末、アスタミューゼ入社。広範な産業分野の技術・事業コンサルティング、約180の有望成長領域の策定、世界の研究・技術・グローバル市場(ベンチャー、上場)の定量評価手法の開発、医学会などでの招待講演、各種執筆などに奮闘中。


「2020年 『2060 未来創造の白地図 ~人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まる』 で使われていた紹介文から引用しています。」

川口伸明の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松下 幸之助
ハロルド・ジェニ...
スペンサー ジョ...
トマ・ピケティ
リンダ グラット...
有効な右矢印 無効な右矢印

2060 未来創造の白地図 ~人類史上最高にエキサイティングな冒険が始まるを本棚に登録しているひと

ツイートする
×